Rakuten infoseek

辞書

気を取る【キヲトル】

デジタル大辞泉

気(き)を取・る
機嫌をとる。
「御隠居への心づかひ、奥様の―・る事」〈浮・五人女・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き【気】 を 取(と)
① 相手の注意を向けさせる。気を引く。
※浮世草子・懐硯(1687)一「其隙に逃のび申べしと存、追手の者の気を取候と」
② 気に入るように振る舞う。機嫌をとる。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「イヌワ〈略〉ヲヲ フリ、アシモトニ キテ ネブリツキ、カブリツキ シテ シュジンノ qiuo(キヲ) toru(トル) モノデ ゴザル ホドニ」
③ 気に入る。好都合である。
※滑稽本・和合人(1823‐44)初「口取といふやつは、気をとったやつだよ。壱匁か弐匁取って置いて、喜撰の半斤もあらうものなら、お客が幾度も勤るぜ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気を取る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

気を取るの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.