Rakuten infoseek

辞書

気が尽きる【キガツキル】

デジタル大辞泉

気(き)が尽・きる
気がめいる。退屈する。
「小夜中のおしらべごと、嘸(さぞ)かしお―・きるであろ」〈逍遥桐一葉
気力がなくなる。
「これ程―・きては、頓(やが)て死ぬるに間はない」〈浮・織留・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きがつきる【気が尽きる】
気力がなくなる。嫌気がさす。 小夜中のおしらべごと、嘸さぞかしお-・きるであろ/桐一葉 逍遥

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き【気】 が 尽(つ)きる
① 気力がなくなる。精根が尽きる。根気がなくなる。元気がなくなる。
※玉塵抄(1563)三五「髪の白うなり黄になってまだらなことは詩を辛苦して吟じ案ずるに気かつきて年がよって斑になることぞ」
② 気分がくさくさする。退屈する。
※浮世草子・好色一代女(1686)六「奈良苧も気がつきます。客はなし喰ねばひだるし」
③ (多く下に打消の語を伴う) 気疲れがする。気づまりがする。
※浮世草子・好色一代女(1686)五「上京の歴々にも気(キ)のつきぬやつといはれて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気が尽きる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

気が尽きるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.