Rakuten infoseek

辞書

【タミ】

デジタル大辞泉

たみ【民】
国家や社会を構成する人々。国民。
君主国で君主の支配下にある人々。臣民。
キリスト教で、神に従うものとしての人間。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みん【民】[漢字項目]
[音]ミン(呉) [訓]たみ
学習漢字]4年
〈ミン〉
権力や官位のない普通の人。一般の人々。たみ。「民意民営民家民間民芸民主民衆民生民俗民族民兵民謡官民義民国民済民(さいみん)済民(せいみん)細民四民市民住民庶民植民人民選民町民島民難民農民万民遊民
「民間」の略。「民活民放
〈たみ〉「民草国民
[名のり]ひと・み・みたみ・もと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たみ【民】
国家・社会を形成する人々。人民。国民。 -の声
君主・帝王に統治されている人々。臣民。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たみ【民】
〘名〙 君主・帝王に統治されるすべての人々。臣民。貴族、また、武士階級を除いた庶民。百姓。おおみたから。あおひとぐさ。蒼生。また、現代では広く国家社会を構成する人。国民。
※万葉(8C後)一一・二六四五「宮材引く泉のそまに立つ民(たみ)のやすむ時なく恋ひわたるかも」
※源氏(1001‐14頃)明石「みづから斯く田舎のたみとなりにて侍り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

民の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.