Rakuten infoseek

辞書

民俗文化財【ミンゾクブンカザイ】

デジタル大辞泉

みんぞく‐ぶんかざい〔‐ブンクワザイ〕【民俗文化財】
文化財保護法上の文化財の一。衣食住信仰年中行事などに関する風俗慣習・民俗芸能およびこれに用いられる衣服器具家屋など。→重要無形民俗文化財重要有形民俗文化財

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みんぞくぶんかざい【民俗文化財】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みんぞくぶんかざい【民俗文化財】
文化財保護法上の文化財の一。衣食住・生業・信仰・年中行事などに関する風俗習慣・民俗芸能、およびこれらに用いられる衣服・器具・家屋などで、国民生活の推移の理解のために欠くことができないもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

民俗文化財
みんぞくぶんかざい
文化財保護法上の「文化財」の一種目。従来「民俗資料」とよんだが、1975年(昭和50)の法改正によって「民俗文化財」と名称が改まり、保護規定も変わった。その定義は同法第2条1項3号に、「衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術及びこれらに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件で我が国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないもの」と規定されている。
 民俗文化財には「有形民俗文化財」と「無形民俗文化財」とがある。有形の民俗文化財とは、前掲の定義後段に掲げられた衣服、器具、家屋等の物件をさし、文部科学大臣はそのうちとくに重要なものを「重要有形民俗文化財」に指定することができることになっている。無形の民俗文化財とは、前掲の定義前段の風俗慣習、民俗芸能、民俗技術をさし、文部科学大臣はそのうちとくに重要なものを「重要無形民俗文化財」に指定することができることになっている。また、文化庁長官は、重要無形民俗文化財以外の無形の民俗文化財のうちとくに必要なものを選択して、自らその記録を作成し、保存し、または公開することができることになっている(選択無形民俗文化財)。有形・無形の民俗文化財の指定または選択は、それぞれ別個に告示で定められた指定基準または選択基準に照らして適否が判定されるが、決定は文化審議会に諮問し、その議決答申を得たうえで行われる。なお、2004年(平成16)の文化財保護法改正により、重要有形民俗文化財以外の有形民俗文化財のうち、保存と活用がとくに必要とされるものは登録有形民俗文化財として文化財登録原簿に登録されることとなった。2015年11月時点で、重要有形民俗文化財216件、重要無形民俗文化財290件が指定されており、登録有形民俗文化財には36件が登録されている。[田原 久]
『民俗文化財研究会編著『民俗文化財の手びき』(1979・第一法規出版) ▽『日本の民俗文化――重要無形民俗文化財の世界』(2003・民俗資料編纂会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みんぞく‐ぶんかざい ‥ブンクヮザイ【民俗文化財】
〘名〙 文化財保護法上の文化財の一つ。衣食住・生業・信仰・年中行事等に関する風俗習慣、民俗芸能及びこれらに用いられる衣服・器具・家具その他の物件。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民俗文化財」の用語解説はコトバンクが提供しています。

民俗文化財の関連情報

他サービスで検索

「民俗文化財」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.