Rakuten infoseek

辞書

民主社会党【みんしゅしゃかいとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

民主社会党
みんしゅしゃかいとう
日本の政党。1960年1月24日結成。1959年9月日本社会党大会で,西尾末広に反党的な発言があったとの理由で懲罰動議が可決されたのを機に,西尾派と河上丈太郎派の一部が脱党して結党。初代委員長は西尾。民主社会主義を旗印に掲げ,資本主義と左右の全体主義に対決する国民政党,との暫定綱領を決めた。しかし,同 1960年11月の衆議院議員総選挙で解散時の 40議席が 17議席に減り,民主社会党の唱える中道路線は自由民主党と社会党に挟まれ,伸び悩みの状態となった。1967年6月西村栄一が委員長になり,1969年民社党と改称。綱領を,民主社会主義の原理に立つ,階級政党でなく国民政党である,社会主義社会の実現,暴力革命に反対,国際的平和維持に努力する,などとした。支持母体は全日本労働総同盟(同盟)。1971年8月春日一幸が委員長に就任。連合政権を看板に戦った 1980年6月の衆参同時選挙では,両院とも期待したほどの勢力拡大はならず,衆議院では 32議席を得るにとどまった。その後も党勢は挽回できず,1993年7月の総選挙は 15議席に終わった。大内啓伍委員長は非自民連立の細川護煕内閣に参加したが,羽田孜内閣誕生の際の統一会派「改新」の結成問題などから退陣,1994年6月から米沢隆が委員長。同 1994年12月9日に開かれた臨時党大会で解党し,翌 10日発足した新進党に参加した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

みんしゅしゃかいとう【民主社会党】
民社党の旧称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

民主社会党
みんしゅしゃかいとう
Partei des Demokratischen Sozialismusドイツ語
ドイツ連邦共和国の政党。略称PDS。前身はドイツ社会主義統一党Sozialistische Einheitspartei Deutschlands(SED)で、1946年ソ連占領地区に共産党と社会民主党とが合同して成立し、ウルブリヒト(1950~1971)、ホーネッカー(1971~1989)の指導の下、政権政党としてドイツ民主共和国(旧、東ドイツ)を担ってきた。1989年後半民主化の要求が高まると、10月ホーネッカーは解任され、エゴン・クレンツEgon Krenz(1937― )が書記長になった。だが、11月「ベルリンの壁」が崩壊すると、クレンツら指導部は総退陣し、新党首ギジGregor Gysi(1948― )はスターリン主義を捨て民主的社会主義を唱えて、党名もドイツ社会主義統一党・民主社会党、さらに1990年2月には民主社会党と改め、右翼急進主義や外国人排斥に反対し、環境を重視する社会的な市場経済を綱領に掲げた。[吉田輝夫]
 2007年、「選挙オルタナティブ・雇用と社会的公正(WASG:Arbeit & soziale Gerechtigkeit - Die Wahlalternative)」と合同し、左翼党となった。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みんしゅしゃかい‐とう ‥シャクヮイタウ【民主社会党】
民社党の旧称

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民主社会党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

民主社会党の関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新国際通貨問題黒人文学メタボリズム川添登安保闘争鈴木清順丹下健三朝鮮映画

他サービスで検索

「民主社会党」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.