Rakuten infoseek

辞書

氏子入り【うじこいり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

氏子入り
うじこいり
村の氏神 (鎮守) の氏子になること。多くは新生児が生後1ヵ月前後に初めて宮参りすることで,そのとき赤子を泣かせたり,額に墨をつけたりするのが一般的。また7歳,15歳であらためて氏子入りするところもある。7歳での氏子入りは,それまでを神の子と考え,この年から一人の人間と認めて氏子とするもの。 15歳で行うものは,この年に成人式をして一人前と認めることによる。なお,他村から来た嫁や婿が,結婚式の直後に氏子入りの儀礼をすることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うじこいり【氏子入り】
出生後初の宮参りによって,氏神氏子となること。氏子入りは生児が村の一員として認められるという意味があった。さらに7歳の祝いの宮参りによって,改めて氏子入りをするという習慣もあった。〈七つまでは神のうち〉といって,7歳の祝いは幼年期が終わり社会生活に入る関門として重視され,このときに氏子入りをして宮座帳に登録された。明治初期には7歳になると神主が氏子札を出す制度もあった。【大藤 ゆき】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うじこいり【氏子入り】
新生児が初めて氏神に参り、その氏子に加わる儀礼。嫁・婿が婚礼の際に婚家の氏神に参って氏子入りをする所も多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氏子入り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

氏子入りの関連情報

他サービスで検索

「氏子入り」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.