Rakuten infoseek

辞書

毛利綱広【もうり つなひろ】

美術人名辞典

毛利綱広
江戸中期の大名萩藩毛利家第二代当主。通称は千代熊丸。承応2年元服し綱広と名のる。貞宗の御脇指を拝賜し、従四位下侍従に叙任され、大膳大夫と改めた。天和2年致仕し、得物正宗の有明の茶壷を奉った。元禄2年(1689)歿、51才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

毛利綱広 もうり-つなひろ
1639-1689 江戸時代前期の大名。
寛永16年11月20日生まれ。毛利秀就(ひでなり)の4男。慶安4年(1651)長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩主毛利家2代となる。万治(まんじ)3年(1660)毛利元就(もとなり)以来の掟書(おきてがき)などを集大成した「万治制法」を藩内に公布した。元禄(げんろく)2年4月17日死去。51歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

毛利綱広
 萩藩の2代目藩主です。毛利家の基本的な法律である万治制法[まんじせいほう]をまとめました。また、三田尻御茶屋[みたじりおちゃや]をつくらせたのも綱広です。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利綱広」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毛利綱広の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.