Rakuten infoseek

辞書

毛利敬親【もうり たかちか】

美術人名辞典

毛利敬親
江戸後期の萩藩十三代当主。斉元の子。幼名は猶之進。諡名は忠正公。村田清風等を登用して内の弊風を一掃し、富国強兵への改革を推進した。のち薩摩・土佐・肥前藩主と連署して版籍を奉還し、従二位に進み権大納言に任じられる。明治4年(1871)歿、53才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

もうり‐たかちか【毛利敬親】
[1819~1871]江戸末期の長州藩主。村田清風を登用して藩政を改革。尊王攘夷を主張し、蛤御門(はまぐりごもん)の変では敗れて官位を剝奪されたが、のち薩摩と結び、倒幕を実現。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

毛利敬親 もうり-たかちか
1819-1871 江戸時代後期の大名。
文政2年2月10日生まれ。毛利斉元(なりもと)の長男。天保(てんぽう)8年(1837)長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩主毛利家13代となる。村田清風を起用して藩政を改革,富国強兵策をすすめる。文久3年周防(すおう)山口に藩庁をうつす。四国艦隊下関砲撃事件,禁門,第1・第2次長戦争などの難局を人材の登用によってきりぬけ,維新の功労者となった。明治4年3月28日死去。53歳。初名は慶親。諡(おくりな)は忠正公。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

毛利敬親
 萩藩の13代目藩主です。江戸時代の終わりごろ、借金の多くなった藩の財政を立て直すための改革(天保改革[てんぽうのかいかく])を行いました。養子の毛利元徳[もうりもとのり]とともに、幕末維新の萩藩の難しいかじとりにあたりました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もうりたかちか【毛利敬親】
1819‐71(文政2‐明治4)
幕末の長州藩主。はじめ教明,慶親と名のり,のち敬親と改める。大膳大夫と称した。諡(おくりな)は忠正公。1837年(天保8)家督を継ぎ,村田清風を登用して天保藩政改革を推進した。61年(文久1)佐幕的開国策の航海遠略策を採用してみずからも運動したが,翌年,島津久光の率兵上京や幕政改革によって藩論を転換させざるをえなくなった。ただちに入京し,敬親臨席のもと木戸孝允や周布(すふ)政之助らの家臣と会議を開き,尊王攘夷の藩論と単独攘夷実行を決定した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もうりたかちか【毛利敬親】
1819~1871 幕末の長州藩主。村田清風に藩政改革を行わせ、幕末動乱期には藩論に従って攘夷・討幕に突入。維新後、版籍奉還を建白。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

毛利敬親
もうりたかちか
[生]文政2(1819).2.10.
[没]明治4(1871).3.28. 山口
幕末の長州藩主。斉元の長子。幼名,猷之進。初め教明,慶親と称した。天保8 (1837) 年4月襲封。村田清風を重用して藩政改革に尽力。砲台建設,種痘奨励など洋式技術の導入にも意を用いた。文久1 (61) 年長井雅楽 (うた) をして朝幕間の合体を策したが成功せず,攘夷派公卿らと結んで京都における薩摩藩の勢力をくつがえすため破約攘夷を藩論とし,上洛して攘夷親征のに出ようとしたが,文久三年八月十八日の政変失脚朝譴をこうむり官位を奪われた。王政復古により復官,明治2 (69) 年版籍奉還の提唱者となった。山口藩知事を世子に譲って退隠。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

毛利敬親
もうりたかちか
(1819―1871)
幕末維新期の大名。長州藩13代藩主。幼名猷之進(みちのしん)、名は初め慶親(よしちか)。11代藩主斉元(なりもと)の嫡子として出生。12代藩主斉広(なりとお)(10代斉煕(なりひろ)の子)が若年で死去したため、1837年(天保8)藩主となる。敬親は村田清風(せいふう)を抜擢(ばってき)し、38年から天保(てんぽう)の改革を実施する。これは31年の防長大一揆(いっき)の後を受け、藩政全般にわたる改革を実施し、富国強兵策を実現しようとするものであった。この改革は成果をあげ、藩財政は立ち直り、藩府要員のなかにも周布政之助(すふまさのすけ)などの人材が育った。63年(文久3)他藩に先駆けて攘夷(じょうい)を決行し、下関(しものせき)で外国船を砲撃する。しかし、64年(元治1)京都禁門の変(蛤御門(はまぐりごもん)の変)で敗退し、幕府の征長令を受け、官位・称号を奪われる。そこで諸隊を解散し、家老を処罰して恭順の意を表す。しかしながら藩内では討幕派が主導権を握り、65年(慶応1)には幕府軍を藩の四境(しきょう)で打ち破り、討幕派の先鋒(せんぽう)となる。69年(明治2)山口藩知事となるが、71年病死。[広田暢久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もうり‐たかちか【毛利敬親】
幕末の大名。長州藩主。号は誠斎など。文武を奨励し、明倫館を再興した。文久三年(一八六三)攘夷決行を期したが、翌年禁門の変を起こして官位を奪われた。明治維新で参議、版籍を奉還して山口県知事となった。文政二~明治四年(一八一九‐七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

毛利敬親
もうりたかちか
1819〜71
幕末の長州藩主
別名慶親 (よしちか) 。1837年家督を継ぐ。村田清風らを登用し,藩政改革を行い,雄藩藩主として重きをなす。初め公武合体策,のち藩論が尊王攘夷に転じると尊王攘夷運動の中心におしたてられた。'64年の禁門の変,第1次長州征討では敬親父子は官位を奪われ謝罪したが,薩長連合以後,討幕中核となり,'67年10月14日,薩摩藩主とともに討幕の密勅をうけた。新政権発足後の '69年,薩摩・土佐・肥前3藩主とともに率先して版籍を奉還し,山口藩知事となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利敬親」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毛利敬親の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.