Rakuten infoseek

辞書

【ひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典



ratio
2つ以上の数または2つ以上の量,たとえば ab があるとき,この量の大きさの関係を表わすのに用いられる概念で,ab という符丁を比といい,「 ab 」あるいは「 ab との比」などと読む。 aba':b' が等しいというのは,ab を一定倍 k 倍に拡大して a':b' になること,すなわち a'=akb'=bk あるいは a'/ab'/bk のことで,このとき aba':b' と書く。特に abc のように,3つ以上の比は連比という。中等教育までは,0を用いないのが普通であるが,abc のうち2つまでは0の場合を考えることもある。 0:0:0 というのは考えないのが普通である。2つの場合 aba':b' の場合は,a/ba'/b' とも同じで,これは b に対して a が何倍かを表わしているので,ab に対する倍率で比を処理することもできる。この a/b を比 ab の値ということもある。連比の場合は「比の値」は通常は考えない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひ【比】
同等に扱われること。同列におかれること。たぐい。「速球にかけては彼のでない」「日本人の勤勉さは他にを見ない」
詩経」の六義(りくぎ)の一。たとえを用いて気持ちを述べる詩の叙述法。
二つの数abがあるとき、abの何倍であるかの関係をabに対する比という。abと表す。
名詞に付いて、それと比較する意を表す。「前年で三割の増収」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ【比】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]くらべる ころ たぐい
学習漢字]5年
二つを並べて見くらべる。「比較対比類比
二つのものをくらべた割合。「比重比熱比率比例単比等比
同列に並べる。並ぶ。「比肩比翼櫛比(しっぴ)
同列に並んだ仲間。たぐい。「比倫比類無比
べたべたとくっつく。親しむ。「比周
なぞらえる。たとえる。「比擬比況比興比喩(ひゆ)
ころ。時分。「比年・比来」
フィリピン。「比国比島日比・訪比」
[補説]6は「」と通用する。
[名のり]これ・たか・たすく・ちか・つね・とも・なみ・ひさ
[難読]比丘(びく)比丘尼(びくに)比目魚(ひらめ)比律賓(フィリピン)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひ【比 ratio】
二つの数,または量a,bについて,abの何倍かという視点で比較するとき,それをabとの比といい,記号abで表し,ab(またはabに対する比)と読む。b≠0のときは,a/bがその何倍かを表すので,a/bをこの比abの比の値という。比の値が等しい二つの比は同じと考える。比abにおいて,aを比の前項,bを後項という。比を考えるとき,(基準となる)後項は0でない場合が多いが,後項が0となっても,前項が0でない場合については比を考える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひ【比】
くらべてみて同等・同類であること。たぐい。 「世界にその-を見ない」 「彼の力量は私の-ではない」
「詩経」の六義りくぎの一。漢詩の表現・修辞による分類の一。物事にたとえて意のあるところを表すもの。
状態の変化に伴って量的変化が起こるとき、もとの量に対する変化後の量の割合、またはその逆数。
〘数〙 a b を同種の量とするとき、 a b の何倍かあるいは何分のいくつかに当たるか、という関係を a b に対する比といい、a : b と書く。 a /b をこの比の値という。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


数a、bについて、a=rbすなわちa/b=rであるとき、rをaのbに対する比または比の値といい、a:b(「a対b」と読む)とも書く。a、bはそれぞれ、この比の前項、後項とよばれる。これを入れ換えた比b:aをもとの比の反比または逆比という。以上の定義に従えば、ある比とその反比が意味をもつためにはa≠0,b≠0でなければならない。なお、割合は比の値を表す日常用語である。
 二つの量A、Bを比較する場合も、BがAのr倍であることを、BのAを基準とする比または比の値がrであるという。とくに、Aを単位量とすれば、rはBの大きさを表す数になる。同種の量の比の値を比率といい、これを小数で表したものを歩合という。これを、100分の1、1000分の1、100万分の1を単位として表したものをそれぞれ百分率、千分率、百万分率といい、単位名としてはパーセント(%)、パーミル(‰)、ピーピーエム(ppm)が用いられる。わが国では10分の1、100分の1、1000分の1をそれぞれ割、分、厘とよぶことも行われている。これが狭い意味での歩合である。異種の量の間でも比を考えることができる。速さ(m/秒など)、密度(g/cm3など)がそれである。[植竹恒男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ【比】
〘名〙
① 同列に並ぶこと。比肩。また、類を同じくすること。たぐい。ともがら。比類。否定の言い方で現われるのが普通。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉四「兄弟は同胞とて其親しき事他人の比に非ざれば」 〔隋書‐長孫晟伝〕
② くらべること。並べてつき合わせること。比較。対比。〔周礼‐天官・宰夫〕
③ 詩経の六義(りくぎ)の一つ。中国古代詩の一形式で他の事物にたとえて、自分の気持を表現すること。また、その形式による詩。日本で、和歌・連歌・俳諧・能楽などにも適用されている。
※古今(905‐914)真名序「莫於和歌、和歌有六義、一曰風、二曰賦、三曰比、四曰興、五曰雅、六曰頌」 〔詩経大序〕
④ 数量を比較するのに用いる数学的概念の一つ。二つの数または同種の量a、bがあるとき、aがbの何倍に当たるか、aがbの何分の一に当たるかという関係を示すものをaのbに対する比という。a:b と書き「a対b」と読む。比率。割合。〔工学字彙(1886)〕
⑤ 易の六十四卦の一つ。。上卦は坎(水)、下卦は坤(地)。水地比ともいう。親しむ意で、地上の水が地中に浸潤して親密となるさま。〔易経‐比卦〕
⑥ 奈良・平安時代初期、年数を数える単位。一比は六年。主に六年に一回作る戸籍の作成回数を表わすのに用いる。
※令集解(701)戸「古記云。五比。謂五六卅年也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐・す【比】
〘他サ変〙 ⇒ひする(比)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐・する【比】
〘他サ変〙 ひ・す 〘他サ変〙 比べる。比較する。なぞらえる。
※正法眼蔵(1231‐53)仏教「人間の八十年をもて、十劫二十劫に比せんとき、一日と八十年のごとくならん」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「わが君をもて山賊に比(ヒ)す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

比の関連情報

他サービスで検索

「比」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.