Rakuten infoseek

辞書

比企能員【ひきよしかず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

比企能員
ひきよしかず
[生]?
[没]建仁3(1203).9.2. 鎌倉
鎌倉時代初期の幕府の重臣。通称,藤四郎。源頼朝の乳母で伊豆配流中も頼朝に奉仕した比企尼の甥にあたる。頼朝挙兵以来戦功を立て,信頼を得て重用され,政界の一勢力となった。娘若狭局は頼家の妻となり,一幡 (いちまん) を産んだ。頼朝没後の頼家のうしろだてとして幕府の要職につき,次第に北条氏との対立を深めていった。建仁3 (1203) 年頼家が重病に陥ると,日本国総守護と関東 28ヵ国の総守護が一幡に譲られ,関西 38ヵ国の総地頭は実朝に譲られることとなった。この裏に頼家の母政子や北条時政の圧力のあることを察した能員は,ひそかに北条氏征伐を企てたが発覚,逆に時政に殺され,一幡も死んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひき‐よしかず【比企能員】
[?~1203]鎌倉初期の武将。通称、藤四郎武蔵国比企郡の豪族で、源頼朝乳母比企禅尼の養子となる。娘若狭局が2代将軍頼家の子一幡(いちまん)を産み、外戚として権勢を振るった。頼家とともに北条氏の討伐を企てたが謀殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

比企能員 ひき-よしかず
?-1203 平安後期-鎌倉時代の武将。
比企尼(ひきのあま)の養子。源頼朝につかえ,頼家の養育係になる。平家追討,藤原泰衡(やすひら)追討に功をたてる。娘若狭局(わかさのつぼね)が頼家と結婚し一幡(いちまん)を生むと将軍の外戚(がいせき)として権勢をふるったが,北条時政と対立し建仁(けんにん)3年9月2日殺された。通称は藤四郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ひきよしかず【比企能員】
?‐1203(建仁3)
平安末期~鎌倉初期の武将。藤原氏。藤四郎あるいは四郎を称した。《愚管抄》によれば阿波国出身という。あるいは安房国か。伯母比企尼(ひきのあま)は源頼朝の乳母で,能員は比企尼の養子であった。平氏打倒に成功した頼朝は尼の推挙により能員をとりたて,1189年(文治5)の奥州征伐では北陸道大将軍に任じた。能員の妻(渋河兼忠女)や義妹(平賀義信妻,河越重頼妻)はいずれも頼朝の長子頼家の乳母で,能員の娘若狭局は頼家の妻であり,かつ長子一幡を生んでいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひきよしかず【比企能員】
?~1203) 鎌倉初期の武将。通称藤四郎。源頼朝の乳母比企禅尼の養子。娘若狭局が頼家の側室となり一幡を産むとその外戚として権勢を振るった。のち北条氏討滅をはかったが、逆に謀殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

比企能員
ひきよしかず
(?―1203)
鎌倉時代初期の武将。能員の養母比企尼は源頼朝(よりとも)の乳母(うば)であり、頼朝が伊豆に配流されると武蔵(むさし)国比企郡(埼玉県比企郡・入間郡)に移り住み、なにかと頼朝のめんどうをみた。その関係から能員も早くから頼朝に仕え、平氏打倒、奥州征伐にも活躍した。さらに比企尼の娘が2代将軍頼家(よりいえ)の乳母となり、また能員の娘が頼家に嫁して(若狭局(わかさのつぼね))一幡(いちまん)を生んだ。かくして能員は幕府創業以来の功臣として、また頼家の側近としてしだいに重きをなしていった。しかし1203年(建仁3)頼家の重病に際し、後を一幡が継ぐことによる比企氏の勢力増大を恐れた北条氏によって、能員は9月2日謀殺され、続いて一族も滅ぼされた。[山本博也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひき‐よしかず【比企能員】
鎌倉初期の武将。幼名藤四郎。頼朝挙兵以来、功を重ね、娘若狭局が二代将軍頼家の子一幡を産んだので外戚として権勢をふるった。頼家の後嗣問題で北条氏と対立し、謀殺された。建仁三年(一二〇三)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比企能員」の用語解説はコトバンクが提供しています。

比企能員の関連情報

関連キーワード

阿野全成一幡仁田忠常阿野全成玉葉ダッビー澄憲仁田忠常阿野全成

他サービスで検索

「比企能員」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.