Rakuten infoseek

辞書

毒虫【ドクムシ】

デジタル大辞泉

どく‐むし【毒虫】
毒液をもっていて、人体害毒を与える。ハチ・ドクガ・ムカデ・サソリなどの類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どくむし【毒虫 venomous insect】
人体に直接または間接的にのある,危険な昆虫やクモ・ムカデ類その他小動物の総称。その害は種類によって軽微のものから激しいものまである。はないが毒虫に似ているものも恐れられることが多い。害の種類は吸血刺傷咬傷(こうしよう)あるいは毒液や臭液の分泌,不潔害,不快害などさまざまである。ノミ,シラミナンキンムシ,カ,ヌカカブユサシバエウシバエなど,多くの吸血性昆虫による害をはじめ,ハチ・アリ類の毒針による刺傷,アリ類,甲虫類やムカデ・クモ類などの咬傷が知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どくちゅう【毒虫】
毒をもっている虫。どくむし。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どくむし【毒虫】
毒をもち、人体を刺して害を与える虫。ハチ・サソリなど。どくちゅう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

毒虫
どくむし
衛生害虫の一部。人体を直接毒針や毒毛で刺したり、かみついたり、毒液を分泌したりして危害を与える昆虫のほか、ムカデ、ヤスデ、ダニなどを含む一般呼称。とくに野外で被害にあったとき、正体不明のものについて「毒虫にやられた」と表現する。実際には、カ、ブユ、ヌカカなどの刺咬(しこう)昆虫、アオバアリガタハネカクシ、カミキリモドキ類などの毒液分泌昆虫、スズメバチ、アシナガバチ、アリ、ドクガ、イラガなどの有毒昆虫がこれに相当する。ドクガは幼虫時代の毒毛を成虫が体につけて飛び回るので、直接皮膚に触れなくても、夜間灯火に飛来したガが毒毛を飛散させ、家庭で皮膚炎が蔓延(まんえん)して問題となる。[倉橋 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どく‐ちゅう【毒虫】
〘名〙 =どくむし(毒虫)
※平家(13C前)五「あぶぞ、蚊ぞ、蜂蟻なんどいふ毒虫(ドクチウ)(高良本ルビ)どもが身にひしととりつゐて」 〔高適‐李雲南征蛮詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どく‐むし【毒虫】
〘名〙
① 毒をもち人体に害を与える虫の総称。毒物を人体に注入または付着させて、刺痛・皮膚炎などを起こさせる。ドクガ・イラガ・ハチ・サソリ・ムカデなど。どくちゅう
※宇治拾遺(1221頃)三「七八のひさごより、そこらの毒虫ども出て、子どもを刺しくひ」
② 転じて、人に害を与えるもの。また、いやがられ、きらわれるもののたとえにいう。
源平盛衰記(14C前)一七「毒(ドク)虫の種子をば忽に失べきにて有けるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毒虫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毒虫の関連情報

他サービスで検索

「毒虫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.