Rakuten infoseek

辞書

母屋【おもや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

母屋
おもや
主屋,本家とも書く。通常,付属の家屋に対して,中心となる居住用の建物をいう。また寝殿造ではひさし,などを除いた建物本体の部分をいい,もやともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おも‐や【母屋/母家/主屋】
敷地内の中心になる建物。主人や家族が住む。本屋(ほんや)。
庇(ひさし)・廊下などに対して、家屋の中央の部分。
分家・出店に対して、本家(ほんけ)。本店。
「惣じて其処(そこ)は出店で…―は松屋町九之助橋の角」〈浄・生玉心中

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も‐や【母屋/身屋/舎】
寝殿造りで、庇(ひさし)に対し、家屋の主体をなす部分。
離れ・物置などに対し、住居として用いる家。おもや。本屋(ほんや)。
棟木(むなぎ)軒桁(のきげた)平行し、垂木(たるき)を受ける横木。母屋桁(もやげた)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

母屋
屋根の部材の一部。最も高い部材である棟木と、屋根を支える中間に、その両方と平行になるように、垂木の下にかけられた部材。切妻や入母屋の妻側に突出させた母屋を鼻母屋といい、部材自体を化粧材としたり、漆喰モルタルなどで塗籠めるかまたは破風板で隠したり木口に板金を被せるものもある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もや【母屋】
古くは身屋,身舎と書く。(ひさし)に対する語で,殿舎または仏堂の中央部分をさす。古代から中世にかけての仏堂や,平安時代の寝殿造住宅などは,中央部の高い空間を持つ母屋と,その周囲をとりまく一段低い空間の庇によって構成されるのが原則だった。そして母屋と庇のには1間ごとにが立って両者を分けていた。したがって母屋と庇とは完全に異質の空間として認識され,またそれに応じた使い方がなされた。たとえば,仏堂では母屋に仏像を安置し,庇を礼拝空間とする,あるいは寝殿における儀式の場合,身分の高い者は母屋に,低い者は庇に着座する例などがあげられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おもや【母屋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

家とインテリアの用語がわかる辞典

おもや【母屋/母家】
➀(離れやなどの付属的な建物に対して)家人が居住する、中心になる建物。◇「もや」「本屋(ほんや)」ともいう。
➁母屋(もや)➁。⇒もや

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もや【母屋】
➀屋根の骨組み(=小屋組み)を構成する部材の一つで、棟木(むなぎ)軒桁(のきげた)の中間に、これらと平行に渡し、垂木(たるき)を支える横木。
寝殿造りなどで、建物の中心部分。この周辺に「庇(ひさし)」と呼ばれる張り出した部分を設けた。◇「身舎」「身屋」とも書く。
➂母屋(おもや)➀。⇒おもや

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

母屋
もや
(1)建物の中央の大梁(おおばり)を架けた部分をいい、身舎とも書く。庇(ひさし)に対して建物の主体をなす部分で、母屋の外側に繋(つなぎ)梁を架け、庇が取り付けられる。母屋のみ、あるいは母屋の前後両面に庇がつく建物は、屋根が切妻(きりづま)造となり、四面に庇がつく場合は入母屋(いりもや)もしくは寄棟(よせむね)造となる。仏堂や神社建築、あるいは寝殿造の寝殿や対(たい)などもこの基本は変わらない。(2)母屋桁(げた)の略。屋根の垂木(たるき)を受ける桁。棟(むな)桁に平行して、入側(いりかわ)桁との中間で野地板や垂木を支える水平材をいう。(3)住宅の主屋。門、倉、納屋(なや)などの付属屋に対して、家族の居住する主屋を母屋(もや)または母屋(おもや)という。[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

母屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

母屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.