Rakuten infoseek

辞書

【キ】

デジタル大辞泉

き【毀】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]こわす こぼつ そしる
破りこわす。「毀棄毀傷毀損破毀
悪口を言う。そしる。「毀誉誹毀(ひき)謗毀(ぼうき)
[難読]刃毀(はこぼ)れ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こぼ・す【毀】
〘他サ四〙 =こぼつ(毀)
※竹取(9C末‐10C初)「穴ないをこぼし、人皆かへりまうできぬ」
※冷泉町記録‐元和六年(1620)三月「火事出来候家々、こくちより弐間め迄を、惣町中として家をこほしきり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こぼれ【毀】
〘名〙 (動詞「こぼれる(毀)」の連用形の名詞化) などがこぼれること。また、こわれること。こわれ。
浄瑠璃志賀敵討(1776)一「最前の刀是へ持て。もしこぼれはなかったか今一応改めん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こぼ・る【毀】
〘自ラ下二〙 ⇒こぼれる(毀)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.