Rakuten infoseek

辞書

殿最【でんさい】

精選版 日本国語大辞典

でん‐さい【殿最】
〘名〙 (「殿」は下功、「最」は上功の意) すぐれた功績とそれほどでもない功績。
※家伝(760頃)下「公力用公正、綜管選事、考迹功能、審知殿最、由其称否、察其黜陟
※公議所日誌‐八下・明治二年(1869)四月「且進士の登第落第を以て、府県知事の殿最を定めん」 〔漢書‐宣帝紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殿最」の用語解説はコトバンクが提供しています。

殿最の関連情報

他サービスで検索

「殿最」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.