Rakuten infoseek

辞書

殿上の間【てんじょうのま】

世界大百科事典 第2版

てんじょうのま【殿上の間】
内裏にある清涼殿の南廂(ひさし)の部屋。会議室または控室の用をし,公卿や昇殿を許された四位・五位の殿上人,蔵人(くろうど)が祗候するところ。東西6間の細長い部屋で,北側は白壁で身舎(もや)との間を仕切り,南は簀子がなく,神仙門で東西に区切り,東側に小板敷,西側に沓脱(くつぬぎ)の縁をつける。東西に妻戸があり,西を下の戸,東を上の戸といい,上の戸の東が落板敷(おちいたじき)で,年中行事障子がある。ここを通って清涼殿の身舎に出る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんじょうのま【殿上の間】
清涼殿の南庇みなみびさしにある、殿上人の詰め所。院の御所にもあった。殿上。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

殿上の間
てんじょうのま
平安宮内裏(だいり)の清涼(せいりょう)殿南庇(ひさし)をさす。公卿(くぎょう)、殿上人(びと)が伺候する部屋。殿上ともいう。殿上人が詰めて天皇の日常生活に奉仕したり、公卿などの会議や事務作業の場ともなった。母屋(もや)との境は壁で、櫛形(くしがた)の窓がある。南側は東に縁(えん)(小板敷(こいたじき)という)、西に沓脱(くつぬぎ)があり庭からの出入りに使われた。室内には天皇の倚子(いし)のほか、台盤(だいばん)(食事をのせる台)、辛櫃(からびつ)などさまざまな備品が置かれ、殿上人の名を記した日給(にっきゅう)の簡(ふだ)(出勤の確認に用いる札)が掛けてあった。[吉田早苗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんじょう【殿上】 の 間(ま)
清涼殿の南廂(みなみひさし)をいう。殿上人はここに控え、上の戸から東廂の御前に参進した。常には蔵人が詰めており、また、公卿の僉議(せんぎ)も行なわれた。清涼殿の控室・事務室・会議室を兼ねた所で、台盤(だいはん)、出御の際の椅子(いし)、殿上の簡(ふだ)、鳥口(とりぐち)の文杖(ふづえ)などがおかれている。殿上。
※侍中群要(1071か)五「候殿上之間大臣被参来者、起座隠去」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんじょう‐の‐ま〔テンジヤウ‐〕【殿上の間】
清涼殿の南庇(ひさし)にある殿上人詰め所殿上

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殿上の間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

殿上の間の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.