Rakuten infoseek

辞書

【かく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かく
shell
球形タンクなどの容器類の構造にみられるもので,板厚の中央を通る中央面が曲面をなし,曲面の曲率半径および面内寸法に比べて板の厚さが著しく小さいものをいう。曲面板,シェルともいう。平板よりも解析が難しく,一般には簡易化の程度に応じて次のいずれかの理論を適用する。(1) 膜理論 板の曲げモーメントと横剪断力を無視し,板の面内の応力のみを考える。(2) 曲げ理論 板の面内応力と曲げ応力を同程度に考慮する。(3) 伸びなし理論 曲げに対する抵抗のみを取り扱う。変形しても,板の中央面は伸縮しないことに由来して名づけられている。(→シェル構造

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく【殻〔殼〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]カク(漢) [訓]から
〈カク〉物の表面を覆う堅い外皮。「甲殻耳殻地殻卵殻
〈から(がら)〉「貝殻茶殻籾殻(もみがら)
[難読]苧殻(おがら)枳殻(からたち)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から【殻/骸】
《「空(から)」と同語源》
動物のからだや植物の実・種子をおおう堅いもの。「卵の―」
動物や昆虫が脱皮したあとの外皮。ぬけがら。「セミの―」「もぬけの―」
主要な部分や中身がなくなって用済みになったもの。「弁当の―」「茶―(ちゃがら)」
外界から自己を守る外壁。その外壁に守られた世界。「―に閉じこもる」「古い―を打ち破る」
おから」に同じ。
(骸)魂のぬけたからだ。なきがら。
「―は気疎(けうと)き山の中に納めて」〈徒然・三〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かく【殻】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かく【殻】
電子殻でんしかくに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく【殻】
〘名〙 物の表面をおおう、堅いから。外皮。貝殻。甲殻、皮殻、地殻、卵殻など。〔色葉字類抄(1177‐81)〕〔玉篇〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

殻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.