Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

殺害【サツガイ】

デジタル大辞泉

さつ‐がい【殺害】
[名](スル)《古くは「せつがい」》人を殺すこと。「要人を殺害する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せつ‐がい【殺害】
[名](スル)さつがい(殺害)」に同じ。
「英人二名を―し」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さつ‐がい【殺害】
〘名〙 人を殺すこと。→せつがい
※機械(1930)〈横光利一〉「見て了った以上は殺害することも出来ない限り見られ損になるだけで」
[語誌]古本節用集の類では「せつがい」と読まれており、明治期の辞書にも「せつがい」の項しかなく、「さつがい」の見出しが見られるのは大正期以降である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せち‐がい【殺害】
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「唯繋縛と殺害(セチガイ)と瞋諍とのみ有りて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せつ‐がい【殺害】
〘名〙 (「せつ」は「殺」の呉音) 人を殺すこと。さつがい。せちがい。
※律(718)職制「情理切害者斬」
※読本・英草紙(1749)四「義氏を殺害(セツガイ)して人民の助とせんと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殺害」の用語解説はコトバンクが提供しています。

殺害の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.