Rakuten infoseek

辞書

段落【ダンラク】

デジタル大辞泉

だん‐らく【段落】
長い文章を内容などからいくつかに分けた区切り。形式的に、1字下げて書きはじめる一区切りをいうこともある。段。パラグラフ。
物事の区切り。切れ目。→一段落
「陰と日向の―が確然(かっきり)して」〈漱石三四郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんらく【段落】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だんらく【段落】
長い文章の中の、一つの主題をもってまとまった部分。また、その切れ目。段。節。
物事の区切り。 「一-」 「陰と日向ひなたの-が確然かつきりして/三四郎 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐おち【段落】
〘名〙
① 品等が幾段も劣ること。品質や等級がひどくおちること。また、そのもの。段ちがい。
② 一段低くなっていること。また、その場所。
※俳諧・海陸後集(1710)坤「細ふからびて寒き短冊〈如砥〉 段落に砕け砕けて京の水〈倍川〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だん‐らく【段落】
〘名〙
① 長い文章の、大きな切れ目。段。
※随筆・文会雑記(1782)「文選章句二帙あり。段落をして其間に注をあらはし」
② 物事のくぎり。切れ目。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「一先段落(ダンラク)になりかけた処へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

段落」の用語解説はコトバンクが提供しています。

段落の関連情報

他サービスで検索

「段落」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.