Rakuten infoseek

辞書

【モガリ】

デジタル大辞泉

もがり【×殯】
《「も()あ(上)がり」の音変化か》「荒城(あらき)」に同じ。
「今城(いまき)谷の上に、―を起てて収む」〈斉明紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

 亡くなった人の葬儀を行う前に、仮に遺体を納めてまつることを言います。仮の葬儀のことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もがり【殯】
日本古代の葬制。人の死後,本格的に埋葬するまでの間,遺体をひつぎに納めて喪屋内に安置し,あるいは仮埋葬して,近親の者が諸儀礼を尽くして幽魂を慰める習俗。その目的を,死者のよみがえりに求める説もある。殯の萌芽形態は,《魏志倭人伝》にすでに見えており,古代日本のみならず,中国南部から中部インド,メラネシアポリネシアなどに広く分布する複葬形式の一つと認められる。殯についてとくに注目されるのは,大王没後殯宮(もがりのみや)が新たに造営されて,殯宮の内や殯宮を取り囲む空間(殯庭(もがりのにわ))で,各種の諸儀礼が行われたことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ひん【殯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かりもがり【殯】
もがり(殯)に同じ。 もがりの意が含まれていることが忘れられて生じた語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もがり【殯】
上がりの意という
あらきに同じ。 五月、河内の古市ふるいちに-す/日本書紀 欽明訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あがり【殯】
〘名〙 人が死んで、体から魂が遊離すること。また、その状態にあること。
※書紀(720)仲哀九年二月「豊浦宮(とゆらのみや)に殯(もがり)して、无火殯斂〈无火殯斂、此をば褒那之阿餓利(ほなしアガリ)と謂ふ〉を為」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かり‐もがり【殯】
〘名〙 埋葬するに先だって、しばらくの間、遺体を棺に納めてとむらうこと。もがり。
※今昔(1120頃か)三「仏、涅槃に入給ぬれば、阿難、仏の御身を殯(かりもがりし)奉て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひん‐・す【殯】
〘他サ変〙 死者を、棺に入れてまつる。殯宮(ひんきゅう)に納める。かりもがりをする。
※続日本紀‐大宝二年(702)一二月辛酉「殯于西殿

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もがり【殯】
〘名〙 (「喪(も)(あがり)」の変化した語という) 貴人の葬儀の準備などが整うまで、遺体を棺におさめてしばらく仮に置いておくこと。また、その所。あらき。そのお。
※書紀(720)斉明四年五月(北野本訓)「今城(いまき)の谷の上に、殯(モカリ)を起てて収む」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

殯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.