Rakuten infoseek

辞書

残留【ザンリュウ】

デジタル大辞泉

ざん‐りゅう〔‐リウ〕【残留】
[名](スル)残りとどまること。なくならずに残っていること。「野菜に残留する農薬」「残留部隊」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざんりゅう【残留】
( 名 ) スル
あとに残りとどまること。残っていること。 「 -部隊」 「農薬が-している」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざん‐りゅう ‥リウ【残留】
〘名〙 残りとどまること。あとに残ること。また、その残ったもの。居残り
※舎密開宗(1837‐47)内「酸化銕〈礬紅〉は器底に残留す」
※近代批評の意義(1906)〈島村抱月〉「同一感情が其のまま其処に残留し永続することとなる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のこし‐とど・む【残留】
〘他マ下二〙 =のこす(残)
※観智院本三宝絵(984)上「遊び物を所々に遺し止めたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のこり‐とどま・る【残留】
〘自ラ四〙 あとに残ってその場所にいる。また、生き残る。残留(ざんりゅう)する。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「おいの身ののこりとどまりたるもいと心うけれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

残留の関連情報

他サービスで検索

「残留」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.