Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

死装束【しにしょうぞく】

葬儀辞典

死装束
故人に着せる衣装。死装束には、経帷子(きょうかたびら)・頭巾・上帯(うわおび)・手甲(てっこう)・脚絆(きゃはん)・足袋・草履・・六文銭・頭陀袋(ずだぶくろ)などがありますが、最近では故人生前の愛用品などを着せてあげることもあります。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

精選版 日本国語大辞典

しに‐しょうぞく ‥シャウゾク【死装束】
〘名〙 死ぬときの装束。切腹をするときのいでたち、身なり。しにいでたち。
※浮世草子・新可笑記(1688)一「身を改め、死装束(シニシャウソク)にて来りぬ」
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)四「大小羽織を脱捨れば、下には用意の白小袖、無紋の上下(かみしも)死装束(しにシャウゾク)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

死装束」の用語解説はコトバンクが提供しています。

死装束の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.