Rakuten infoseek

辞書

死脈【シミャク】

デジタル大辞泉

し‐みゃく【死脈】
死期が近づいた弱い脈拍。「死脈が打つ(=臨終が近い)」
鉱物が出なくなった鉱脈

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しみゃく【死脈】
死にかけたときの弱い脈搏。 「とかく二人に-が打つ/浄瑠璃・重井筒

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐みゃく【死脈】
〘名〙
① 死にかけた時の、弱い(みゃくはく)
狂雲集(15C後)病僧与五辛「病僧大苦発傷風、死脈頻々命欲終」
② 鉱物の出なくなった鉱脈。
③ 絶望的な状況にあることのたとえ。
※俳諧・みつがしら(1681)「露(しぐれ)随分かかってみたれども〈賀子〉 どうで死脈(シミャク)の浪風の音〈西鶴〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

死脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

死脈の関連情報

他サービスで検索

「死脈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.