Rakuten infoseek

辞書

歳暮【せいぼ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歳暮
せいぼ
歳末の贈り物をいう。御魂祭 (みたままつり) の共同飲食に子孫が食物を持寄ったのが起りと考えられ,本来は食品,特に塩ざけや塩ぶりのような魚類が多く用いられた。これが転じて社交儀礼的な贈答となり,食品のみでなく各種の日用品もこれにあてられるようになっている。贈答の形式としては,まず子方から親方などの目上の者へ贈り,これに対して,目上の側からお返しをするというのが普通であるが,なかには兵庫県の北部地区でみられるような,親方の側から子方へ日頃の労作に対するねぎらいとして贈り,子方の側からの返礼はしないといった例もある (→親方子方 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さい‐ぼ【歳暮】
年の暮れ。年末。歳末。せいぼ。
歳末の贈り物。せいぼ。
「暑気見舞いや―などと云って」〈鉄腸・花間鶯〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ぼ【歳暮】
年の暮れ。年末。歳末。さいぼ。
(多く「お歳暮」の形で)世話になった人などに年末に贈り物をすること。また、その贈り物。 冬》「ひたすらに―使ひの急ぐなり/松浜」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいぼ【歳暮】
歳末になされる贈物をいう。今日では一年間世話になった者への感謝の礼として広く会社の上司や子どもの先生などにも贈られる。しかし,本来正月は盆と同様祖先の御魂(みたま)祭の機会であり,歳暮はその祭りの供物としておもに他出した子どもや分家らが親や本家のもとへ持参するのが古い形態であったとみられる。今でも大晦日に〈親の〉〈本家礼〉などと称し,魚を添えた膳を親もとや本家へ持参する習俗が残っている地方もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいぼ【歳暮】
〔「せいぼ」とも〕
年のくれ。年末。 「 -に郷里へ帰る」 「 -の賑ひ/青年 鷗外
年末の贈り物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいぼ【歳暮】
年のくれ。歳末。年末。
歳末に、その年世話になった人などに贈る贈り物。おせいぼ。 [季] 冬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

歳暮
せいぼ
年の暮れに、平素世話になった人や、目上の人に感謝の心をもって物を贈ることをいう。現在では夏の中元(ちゅうげん)とともに形式化し、儀礼的な面が強くなっている。もともとこの二つの時期は先祖の祭りをするときで、その子孫が食物を持ち寄って共同飲食をするという行事に、この習俗の根源はあった。そのため地方によっては、正月や盆に嫁・婿が食物を調理して親里に持って行くことがあり、これを親の膳(ぜん)とよんだ。また材料を持って行って、先方で鍋(なべ)を借りて調理するのを鍋借りなどといった。このような習俗が、いつか贈答という形になるまでに変化したのは、長い年月とその意義の段階的忘却があったようである。
 現在の歳暮の贈答品にも、サケやブリなどのなまぐさものを用いる習わしや、その1年の間に不幸のあった家にアラミタマと称する贈り物をするという習俗が守られている地方があるなどは、前述のもともとの意義を残留しているとみられる。[丸山久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐ぼ【歳暮】
〘名〙 (「さい」は「歳」の呉音)
① 年のくれ。節季。歳晩歳末。歳尾。年末。せいぼ。《季・冬》 〔広益熟字典(1874)〕
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一二「年末歳暮(サイボ)の切迫したる時日に」
② 歳末の贈り物。年末に、日頃の恩顧にむくいるために贈る礼物。せいぼ。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「暑気見舞や歳暮(サイボ)などと云って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ぼ【歳暮】
〘名〙
年の暮れ。年末。歳末(さいまつ)。さいぼ。《季・冬》
※懐風藻(751)望雪〈紀古麻呂〉「垂拱端坐惜歳暮、披軒褰簾望遙岑
※私聚百因縁集(1257)七「前の年の歳暮(セイボ)より小病小悩病気の始より」
浮世草子・好色盛衰記(1688)一「大分の歳暮(セイボ)の御祝義、それは宝の山なり」
② 年末の贈り物。また、贈り物をもってする年末の挨拶(あいさつ)。歳暮の礼。さいぼ。
※宣胤卿記‐長享三年(1489)正月七日「毎年歳暮三種〈略〉于今連々也」
※浮世草子・世間胸算用(1692)五「歳暮(セイボ)の御使者とて、太刀目録御小袖樽さかな箱入のらうそく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歳暮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歳暮の関連情報

他サービスで検索

「歳暮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.