Rakuten infoseek

辞書

【ぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


倭の五王」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶ【武】
戦いに関するわざ・力。武芸。兵法。戦力。兵力。「を尚(たっと)ぶ」⇔
勇ましいこと。武勇。
「―を高く振るひ」〈浮・伝来記・七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ【武】[漢字項目]
[音](漢) (呉) [訓]たけし
学習漢字]5年
〈ブ〉
強く勇ましい。たけだけしい。「武勇威武勇武
軍事。戦力。「武運武官武器武功武士武術武装武力偃武(えんぶ)演武尚武文武練武
一歩踏み出すこと。足どり。「歩武
武蔵(むさし)国。「武州/総武線」
〈ム〉たけだけしい。軍事。「武者
[名のり]いさ・いさむ・たけ・たける・たつ
[難読]武士(もののふ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

む【武】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

たけ
?-? 江戸時代中期の紀行文作者。
7代尾張(おわり)名古屋藩主徳川宗春につかえ,春の一字をあたえられて春日野あるいは阿春とも称した。名古屋から江戸にもどるさい紀行「庚子道の記」をかく。一説には4代藩主徳川吉通の正室九条輔子の侍女とも。天明2年(1782)80歳余で死去したという。通称は白拍子武女。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぶ【武】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶ【武】
武術や兵法。武芸。 「文-の道」 「 -を尚とうとぶ」
武力。軍事力。 「 -に訴える」
勇ましいこと。武勇。 「 -を九泉の先に耀す/太平記 19
武官。武人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


古代中国南朝の史書にみえる、5人の倭王(わおう)(讃(さん)、珍(ちん)、済(せい)、興(こう)、武)の1人。雄略(ゆうりゃく)天皇に擬せられる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶ【武】
〘名〙
① 勇ましいこと。たけだけしいこと。勇敢な行為。武勇。
※保元(1220頃か)上「文にも非ず、武にもあらぬ四宮に、位を越られて」 〔詩経‐鄭風〕
② 軍事に関する威力。武威。武力。兵力。また、いくさ。戦争。
※霊異記(810‐824)上「武は万機に振ひ」 〔春秋左伝‐哀公二三年〕
③ いくさの方法や戦闘の術。兵法。武術。武芸
※徒然草(1331頃)八〇「武を好む人多かり」 〔礼記‐月令〕
④ 武官。武人
※令義解(718)公式「五衛府。軍団及諸帯仗者。為武」 〔淮南子‐覧冥訓〕
⑤ 長さの単位。一歩(六尺)の半分。三尺(約九〇・九センチメートル)。〔国語‐周語下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武の関連情報

他サービスで検索

「武」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.