Rakuten infoseek

辞書

武漢三鎮【ブカンサンチン】

デジタル大辞泉

ぶかん‐さんちん【武漢三鎮】
《「」は中心都市武昌漢口漢陽3市の総称。武昌は政治、漢口は商業、漢陽は工業要衝地。現在は合併して武漢市を構成

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶかんさんちん【武漢三鎮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶかんさんちん【武漢三鎮】
は都市の意 湖北省にある武昌・漢口・漢陽の総称。現在の武漢市に当たる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶかん‐さんちん【武漢三鎮】
中国の武昌・漢口・漢陽三都市の総称。現在は統合されて武漢市を構成している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

武漢三鎮
ぶかんさんちん
中国の長江中流(湖北省),漢水 (かんすい) との合流点にある武昌・漢陽・漢口三都市の総称
武昌・漢陽は天然の要害に築かれた古来の城市,漢口は沖積地に発達した新開地(商港)である。水陸交通の要衝として発展し,武昌は辛亥革命の発祥地であり,漢陽は清末期に製鉄所が建設された。現在,三市は合併して武漢市を構成。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武漢三鎮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武漢三鎮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.