Rakuten infoseek

辞書

武満徹【たけみつとおる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

武満徹
たけみつとおる
[生]1930.10.8. 東京
[没]1996.2.20. 東京
作曲家。 16歳で作曲を志し,清瀬保二師事。 1950年清瀬らの「新作曲派協会」に入会,ピアノ曲『2つのレント』でデビュー。 51年詩人瀧口修造を中心に前衛芸術家グループ「実験工房」を結成する。 57年,のちにストラビンスキー感銘を与えたという『弦楽のためのレクイエム』を発表,59年「二十世紀音楽研究所」に参加。 65年『テクスチュアズ』 (1964) で国際現代作曲家会議最優秀賞を受賞,以後,『地平線のドーリア』 (66) や尺八・琵琶を用いた『ノヴェンバー・ステップス』 (67) を次々と発表し,その精緻な構成と,東西の音の感性を融合させた独自の作風が海外でも高く評価され,委嘱作も多い。代表作はほかに,尾高賞受賞作『カトレーン』 (75) ,『遠い呼び声の彼方へ』 (80) ,また映画音楽『切腹』 (1962) ,『砂の女』 (64) など多数。著作に『武満徹=1930……∞』 (64) ,『音,沈黙と測りあえるほどに』 (71) などがある。 80年日本芸術院賞,85年フランス芸術文化勲章を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たけみつ‐とおる〔‐とほる〕【武満徹】
[1930~1996]作曲家。東京の生まれ。ほぼ独学で作曲を学び、独創的な音響世界を創りあげた。勅使河原宏監督の「砂の女」、小林正樹監督の「怪談」、黒沢明監督の「乱」などの映画音楽でも知られる。芸術院賞受賞。作品に「弦楽のためのレクイエム」「地平線のドーリア」「ノヴェンバー‐ステップス」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

武満徹 たけみつ-とおる
1930-1996 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和5年10月8日生まれ。米軍キャンプではたらきながら作曲を独学。昭和26年実験工房の結成にくわわる。32年の「弦楽のためのレクイエム」がストラビンスキーに絶賛され,以後,「テクスチュアズ」「ノヴェンバー・ステップス」などを発表。黒沢明の「乱」など映画音楽も手がけた。55年芸術院賞。平成8年2月20日死去。65歳。東京出身。
【格言など】風よ 雲よ 陽光よ/夢をはこぶ翼/遥かなる空に描く/「自由」という字を(「翼」作詞・作曲)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たけみつとおる【武満徹】
1930‐96(昭和5‐平成8)
現代日本の代表的な作曲家。1948年に清瀬保二に短期間作曲を学び,早坂文雄や松平頼則などの音楽から影響を受けながら創作活動を開始した。1950年にピアノ曲《二つのレント》と評論《ポール・クレー論》を発表し,翌51年,滝口修造,湯浅譲二らと〈実験工房〉を結成。シュルレアリスムの芸術運動,ドビュッシー,シェーンベルク,ベルク,メシアンなどの音楽から強い刺激を受けながら,ピアノ曲や室内楽を作曲すると同時に,ミュジック・コンクレートの実験も始め,《ルリエフ・スタティク》(1955),《ボーカリズムA・I》(1956)を発表。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たけみつとおる【武満徹】
1930~1996 作曲家。東京都生まれ。ほぼ独学で作曲を学ぶ。日本の伝統を受け継ぎながら独創的で繊細な感受性をもった作風は世界で評価された。作品「ノベンバーステップス」「オーケストラのためのビジョンズ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

武満徹
たけみつとおる
(1930―1996)
作曲家。東京生まれ。1948年(昭和23)に一時、清瀬保二(やすじ)(1900―81)に師事した以外は独学で作曲を学ぶ。ピアノのための『二つのレント』(1950)を発表して以来、ドビュッシー、ウェーベルン、メシアンの影響を受けながら、さらにミュージック・コンクレートや不確定性など欧米の前衛音楽の手法を用いて、独自の美学に基づく作品を発表する。51年湯浅譲二らと芸術グループ「実験工房」を結成。武満が担当した映画『切腹』(1962)、『怪談』(1964)の音楽は、琵琶(びわ)、尺八などの邦楽器を用いた現代邦楽の先駆的な作品であると同時に、邦楽器の音を電子変調するなどした前衛的な作品でもある。8弦楽器のための『ソン・カリグラフィー』(1959~61)、『テクスチュアズ』(1964)、『地平線のドーリア』(1966)などは西洋の楽器を使ってトーン・クラスター(音塊・密集音群)の手法で書かれている。これらの作品を経て、琵琶、尺八とオーケストラのための『ノヴェンバー・ステップス』(1967。ニューヨーク・フィルハーモニー委嘱作品)が書かれるに至る。武満の代表作として知られる『ノヴェンバー・ステップス』は、映画音楽で試みられた邦楽器の使用と前衛的なオーケストレーションとが一つに結晶した作品といえる。
 1970年代以降は、それまでの前衛的な作風は緩和されて、調性感のあるメロディや和声がみられるようになる。たとえば『鳥は星形の庭に降りる』(1977)、『遠い呼び声の彼方(かなた)へ!』(1980)、『ア・ストリング・アラウンド・オータム』(1989)では、テーマも和声も調的になり、邦楽器は退いて、バイオリン、ビオラなどの通常のオーケストラの楽器が独奏楽器として使われるようになる。しかし、独奏楽器の個々の特性を反映させたオーケストレーションという点では、邦楽器を独奏楽器とする協奏曲と共通している。日本的な音感覚が前衛的な作曲技法で表現されている点に、武満作品の特徴がある。『音、沈黙と測りあえるほどに』(1971)、『夢の引用』(1984)、『音楽を呼びさますもの』(1985)など、音についての思考を論じた著書も多数残している。1973年に始まる現代音楽祭「今日の音楽」の企画構成をはじめとするプロデュース活動も広く行った。90年国際モーリス・ラベル賞と毎日芸術賞を受賞。[楢崎洋子]
『『音、沈黙と測りあえるほどに』(1971・新潮社) ▽『音楽の余白から』(1980・新潮社) ▽『夢の引用』(1984・岩波書店) ▽『音楽を呼びさますもの』(1985・新潮社) ▽『武満徹対談集――すべての因襲から逃れるために』(1987・音楽之友社) ▽『遠い呼び声の彼方へ』(1992・新潮社) ▽『音・ことば・人間』(1992・岩波書店) ▽『武満徹対談集――歌の翼、言葉の杖』(1993・ティビーエス・ブリタニカ) ▽『時間(とき)の園丁』(1996・新潮社) ▽『武満徹対談集――創造の周辺』(1997・芸術現代社) ▽『サイレント・ガーデン――滞院報告・キャロラインの祭典』(1999・新潮社) ▽『私たちの耳は聞こえているか』(2000・日本図書センター) ▽『武満徹著作集』全5巻(2000・新潮社) ▽石川淳、J・ケージ他著『音楽の手帖14 武満徹』(1981・青土社) ▽楢崎洋子著『武満徹と三善晃の作曲様式――無調性と音群作法をめぐって』(1994・音楽之友社) ▽遠山一行著『「辺境の音」――ストラヴィンスキーと武満徹』(1996・音楽之友社) ▽斎藤慎爾・武満真樹編『武満徹の世界』(1997・集英社) ▽船山隆著『武満徹――響きの海へ』(1998・音楽之友社) ▽岩城宏之著『作曲家武満徹と人間黛敏郎』(1999・作陽学園出版部) ▽小沼純一著『武満徹――音・ことば・イメージ』(1999・青土社) ▽長木誠司・樋口隆一編『武満徹――音の河のゆくえ』(2000・平凡社) ▽小林淳著『日本映画音楽の巨匠たち1 早坂文雄・佐藤勝・武満徹・古関裕而』(2001・ワイズ出版) ▽辻井喬著『呼び声の彼方』(2001・思想社) ▽谷川俊太郎著『風穴をあける』(2002・草思社) ▽武満徹・小沢征爾著『音楽』(新潮文庫) ▽武満徹・大江健三郎著『オペラをつくる』(岩波新書) ▽蓮実重彦・武満徹著『シネマの快楽』(河出文庫) ▽マリオ・アンブロシウス文・写真『カメラの前のモノローグ――埴谷雄高・猪熊弦一郎・武満徹』(集英社新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たけみつ‐とおる【武満徹】
作曲家。東京生まれ。第二次大戦後ほぼ独学で作曲を学び、詩人の滝口修造を中心としたグループ「実験工房」に参加して、作曲活動に入った。その作品は東洋の感性と西洋の音楽技法が融合したと評され、世界各地で演奏された。主な作品に「弦楽のためのレクイエム」「ノベンバー・ステップス」など。昭和五~平成八年(一九三〇‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武満徹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武満徹の関連情報

関連キーワード

誘導尋問斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.