Rakuten infoseek

辞書

武帝【ブテイ】

デジタル大辞泉

ぶ‐てい【武帝】
[前156~前87]中国、前漢第7代の皇帝。在位、前141~前87。廟号(びょうごう)、世宗。名は劉徹。高祖劉邦曽孫儒教を公認し、中央集権体制を強化。外征を行って領域を拡大し、東西交渉を盛んにした。
[464~549]中国、南朝の梁(りょう)の初代皇帝。在位502~549。廟号、高祖。姓名蕭衍(しょうえん)。南斉を滅ぼし、梁を建国。仏教史上での黄金時代を作ったが、侯景の乱にあい、争乱の中で病没。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶてい【武帝 Wǔ dì】
前156‐前87
中国,前の第7代皇帝。在位,前140‐前87年。姓名は劉徹。古代帝国の最盛時期を出現させた専制君主。16歳で即位。即位当初は,竇(とう)太后(文帝の皇后,景帝の生母)の支持した道家黄老が優勢であった。董仲舒(とうちゆうじよ)の対策により儒教を国教化,官学化し,朝廷五経博士を置くとともに,孝廉など郷挙里選の法を実施した。しかし,これらの政策については,疑問視する説もある。竇太后の死後,黄老刑名および百家の言をしりぞけ,朝廷に文学・儒者数百人を招くなど儒家進出の基盤を成立させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶてい【武帝 Wǔ dì】
236‐290
中国,西の初代皇帝。在位265‐290年。姓名は司馬炎。河内郡温県(河南省温県)の名族で,祖父の司馬懿(しばい),伯父の司馬師,父の司馬昭はいずれも魏の重臣。265年(泰始1),急死した父のあとをついで禅譲革命を続行して西晋王朝を開いた。過酷な皇族抑圧策が魏滅亡の要因となったことから,《周礼(しゆらい)》を理想に諸王の封建を行って国の基礎を固める一方,討伐の準備をおしすすめ,280年(太康1)呉主孫皓を捕虜として天下統一を達成した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶてい【武帝 Wǔ dì】
363‐422
中国,南朝の初代皇帝。在位420‐422年。姓名は劉裕永嘉の乱彭城(江蘇省徐州市)から京口(江蘇省鎮江市)へ移住した貧家の出身。漢の皇族の子孫と称した。文字も少し読めるだけで無頼の生活を送っていたが,〈孫恩・盧循(ろじゆん)の乱〉討伐に活躍して台頭,ついで404年(元興3)京口在鎮の北府の中堅将校を結集して桓玄(かんげん)を討ち,東王朝を再興して国家第一の軍閥に急成長した。対外的に,409年(義熙5)南燕,414年蜀,417年後秦を滅ぼして国域を広げ,内政でも,亡戸隠匿,土地兼併,山沢囲いこみなどを行う豪族・権門を厳しくとりしまって疲弊した民生の回復に力を注ぎ,413年には土断を行って国力の増強に大きな成果を収めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶてい【武帝 Wǔ dì】
440‐493
中国,南朝の第2代皇帝。在位482‐493年。姓名は蕭賾(しようさく)。高帝13歳のときの長子。宋末,江西・湖南両省方面に出鎮して勢力をたくわえ,王朝創立の一翼をになった。即位すると高帝の親臣を殺して旧臣で政権を固め,また側近を信任して厳明な法術政治を行った。北魏との関係も良好で,社会の安定がいわれているが,性来の奢侈好みに加えてその富国優先の政治は増税をもたらし,また戸籍欺濫民に対する厳罰は,486年(永明4)唐之の反乱をひきおこした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶてい【武帝 Wǔ dì】
464‐549
中国,南朝の初代皇帝。在位502‐549年。姓名は蕭衍(しようえん)。南蘭陵(江蘇省常州市)の人。父蕭順之は南斉高帝の族弟で,創業の功臣。早くから文武両道にわたる教養と才幹で将来を嘱望され,竟陵王蕭子良の〈八友〉の一人に数えられた。斉末,北魏の侵攻に雍州襄陽(湖北省襄樊市)へ出陣,498年(永泰1),その鎮将となった。このころ,〈悪童天子〉東昏侯暴政がはなはだしく,兄の蕭懿(しようい)もその犠牲とされると,幕府の属官および襄陽地方の豪族・土豪を結集するとともに荆州(湖南省)の軍団とも同盟,501年,東昏侯の非を責めて挙兵,進撃して建康を陥(おと)し,502年(天監1),禅譲方式によって梁王朝を開いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶてい【武帝 Wǔ dì】
503‐559
中国,南朝の初代皇帝。在位557‐559年。姓名は陳覇先(ちんはせん)。呉興郡長城県(浙江省長興県)の人。もとは潁川(えいせん)郡の名族と自称した。家柄は低く,油倉庫の小役人から梁の皇族蕭映の伝令となったとき,まじめな勤務を認められて蕭映の広州刺史赴任に随行し,広東,インドシナ北部の蛮族や土豪の反乱討伐に活躍して頭角をあらわした。侯景の乱がおこると,その地を固めたのち,550年(大宝1)兵3万を率いて北上,大都督の王僧弁(?‐555)と同盟して侯景を平定,京口(江蘇省鎮江市)に鎮守した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶてい【武帝 Wǔ dì】
543‐578
中国,北の第3代皇帝。在位560‐578年。名は宇文邕(うぶんよう),字は羅突(鮮卑名)。宇文泰の第4子。兄の明帝が朝廷の実権を握る従兄の宇文護に弑されたのち,宇文護によって擁立された。武帝は隠忍自重して時を待ち,572年(建徳1)宇文護を誅して親政を実現した。道仏2教の教団を廃棄し,一方に通道観を設けて儒・仏・道三教を国家権力のもとで統一しようとした(三武一宗の法難)。それは堕落した教権を否定するとともに俗権の聖化を図るものであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶてい【武帝】
前156~前87) 中国、前漢の第七代皇帝(在位 前141~前87)。劉徹。中央集権的な郡県制を強化、儒教を公認した。匈奴きようどを外モンゴルに追って西域にシルクロードを開き、安南・朝鮮を征服、漢帝国の専制政治を確立した。
464~549) 中国、南朝の梁の初代皇帝(在位502~549)。蕭衍しようえん。南斉に代わり自立。学芸を奨励して貴族文化が興隆。仏教を信奉して財政を乱し、侯景の乱中に没した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶ‐てい【武帝】
[一] 中国前漢第七代の皇帝(在位前一四一‐前八七)。廟号は世宗(せいそう)。匈奴を撃破し、東西交通の道を開いた。中央集権に力を入れ、儒学を国学とした。(前一五九‐前八七
[二] 中国南朝梁の初代皇帝(在位五〇二‐五四九)。姓名蕭衍(しょうえん)。廟号は高祖。斉王朝を滅ぼして、即位した。民政に治績をあげたが、晩年は、仏教の黄金時代を築いた反面、政治をおろそかにして侯景の乱にあい、幽閉中に没した。(四六四‐五四九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武帝の関連情報

関連キーワード

自己株式ピネン南砺(市)ポリュカルポス白川村貿易商社数理統計ボクシングヤング(Michael Brian Young)総合年表(北・東・東南アジア)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.