Rakuten infoseek

辞書

武家諸法度【ぶけしょはっと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

武家諸法度
ぶけしょはっと
江戸幕府諸大名の統制のために制定した基本法武家とは大名をいう。徳川家康元和1 (1615) 年大坂夏の陣で豊臣氏を滅ぼした直後,諸大名を伏見城に集め,これを発布したため『元和令』ともいう。文武をたしなむべきこと以下居城修補の届出制婚姻の許可制,参勤交代制など基本的義務 13条を定めている。3代将軍徳川家光のとき 19条となり,その後若干の改訂を経,8代吉宗のとき,5代綱吉の『天和令』を採用してから,幕末までほぼこれによった。将軍の代替りごとに諸大名にこれを読み聞かせ,これに違反した大名に厳罰を加えた。5代綱吉は,『武家諸法度』を改訂し,天和3 (83) 年以後『諸士法度』に代えてこれを旗本にも適用した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶけ‐しょはっと【武家諸法度】
江戸幕府が諸大名を統制するために制定した法令。元和元年(1615)徳川家康の命により2代将軍秀忠のときに発布された13箇条が最初。その後必要に応じて改訂された。城の修築や婚姻・参勤交代などについて規定。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶけしょはっと【武家諸法度】
江戸幕府が武家の守るべき義務を定めた法令。天皇,公家に対する禁中並公家諸法度,寺家に対する諸宗本山本寺諸法度(寺院法度)と並んで,幕府による支配身分統制の基本法であった。1615年(元和1)大坂落城後,徳川家康は以心崇伝らに命じて法度草案を作らせ,検討ののち7月7日将軍秀忠のいた伏見城に諸大名を集め,崇伝に朗読させ公布した。漢文体で13ヵ条より成り,〈文武弓馬の道もっぱら相嗜むべき事〉をはじめとして,品行を正し,科人(とがにん)を隠さず,反逆・殺害人の追放,他国者の禁止,居城修理の申告を求め,私婚禁止,朝廷への参勤作法,衣服乗輿(じようよ)の制,倹約国主(こくしゆ)の人選について規定し,各条に注釈を付している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶけしょはっと【武家諸法度】
江戸幕府が諸大名統制のために作った法令。大名の心得、城の修築の制限、婚姻・参勤交代の制度などにつき規定したもので、1615年徳川家康が示した一三か条が最初。35年、徳川家光の時改訂・増補され、一応の完成をみたが、以後も時勢に応じて部分改訂が行われた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

武家諸法度
ぶけしょはっと
江戸幕府が制定した大名統制の基本法令。[藤野 保]

元和令

徳川家康は覇権確立以降、幕府を創設し、全国統治権に対する倫理的基礎を公的に確定したうえで、法の制定と制度の整備・運用を通じて大名統制を強化した。すなわち、1615年(元和1)大坂落城後、6月には「一国一城令」を発布して、大名の本城を除くすべての支城を破壊させたうえで、翌7月「武家諸法度」を制定・公布した。この元和(げんな)法度は、家康の命によって金地院崇伝(こんちいんすうでん)が起草し、2代将軍秀忠(ひでただ)の名をもって発布したもので、全13か条よりなる。その内容は、大名の教養・品行、反逆・殺害人の追放、他国者の禁止、城郭修理の報告、徒党の禁止、婚姻の許可、参勤作法(さほう)、大名の国政などについて規定した。全体として目新しいものはないが、武家法としての体系を整えながら、違反者に厳しい態度で臨んだところに、その意義があった。[藤野 保]

寛永令

その後、3代将軍家光(いえみつ)の1635年(寛永12)大改訂が行われ、林羅山(はやしらざん)が起草し、家光の承認を得て発布された。この寛永(かんえい)法度は、元和法度が抽象的な原則にとどまったのに対し、より具体的な細目を掲げ、新しい時勢に応ずる幕政の根本原則を確定したところに、その特色があった。大名の参勤交代を制度化し、500石積み以上の大船を禁じ、大名の国政について拘束を加えたことなどは、その現れである。この寛永法度の制定により、法による幕府の大名統制はいっそう強化された。[藤野 保]

その後の法令

ついで4代将軍家綱(いえつな)の1663年(寛文3)ふたたび改訂が行われた。この寛文(かんぶん)法度は、新たに耶蘇(やそ)教禁止と不孝者の処罰規定を加えたほかは、ほとんど旧法の辞句の修正にとどまり、殉死の禁令は条外として口上にて発表された。この殉死の禁令は大名証人制の廃止とともに、武断政治より文治政治への政策転換を示している。5代将軍綱吉(つなよし)が1683年(天和3)に発布した天和(てんな)法度は、この文治主義をいっそう顕著に示している。ついで新井白石(あらいはくせき)の改訂になる6代将軍家宣(いえのぶ)の1710年(宝永7)に発布した宝永(ほうえい)法度は、儒教の仁政思想に基づく文治主義の精神を最高に現している。しかるに、8代将軍吉宗(よしむね)は、享保(きょうほう)の改革の一環として、側近政治を否定する一方、1717年(享保2)には宝永法度を退けて、綱吉が制定した天和法度を復活した。以上のように、「武家諸法度」は将軍の代替りごとに必要に応じて改訂され、その意味で幕政の変化を示したが、その後1854年(安政1)に若干の修正が加えられたほかは、まったくこの天和法度が踏襲された。[藤野 保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶけ‐しょはっと【武家諸法度】
江戸幕府が、大名を統制するために公布した法令。公家諸法度などとともに、江戸幕府の基本法。元和元年(一六一五)に発布され、その後若干の追加訂正が行なわれたが、八代将軍吉宗没後は天和三年(一六八三)制定のものを襲用した。文武の道に専念すべきことをはじめとして、築城、婚姻、参勤交替、造船、関所などについて規定され、将軍宣下ののち、諸大名に読み聞かせるのを慣例とした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武家諸法度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武家諸法度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.