Rakuten infoseek

辞書

武官【ブカン】

デジタル大辞泉

ぶ‐かん〔‐クワン〕【武官】
軍事に従事する官吏。旧日本陸海軍では、下士官以上の軍人。⇔文官
律令制で、武事に携わった衛府(えふ)諸国軍団に属する官など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶかん【武官】
軍事に携わる官吏。旧陸海軍では、下士官以上の軍人。 ⇔ 文官
律令制で、宮中の内外を守護し、武事に携わった官。衛府の官など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶ‐かん ‥クヮン【武官】
〘名〙
① 軍事に携わる官人。軍事に関係する官。
※続日本紀‐文武二年(698)二月丙午「賜武官祿各有差」
② 令制で、武器を携帯すると定められた官職。すなわち、衛府、馬寮、兵庫寮、諸国軍団などに属する職。また、その人。ただし、中務省の丞以上、大宰府・三関国の官人および内舎人は、武装する定めであるが文官である。兵部省が人事考査を担当する。〔令義解(718)〕
③ 旧日本陸海軍の下士官以上の軍人。〔陸軍武官進級令(明治二二年)(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武官」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武官の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.