Rakuten infoseek

辞書

正電荷【せいでんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正電荷
せいでんか
positive electric charge
正電気,陽電気陽電荷ともいう。正の値の電荷 (→電気量 ) 。陽子の電荷は正電荷である。 1733年フランスの C.F.デュ・フェは,摩擦電気による帯電が,絹布で摩擦したガラス棒に現れるものと,毛皮で摩擦した琥珀などの樹脂棒に現れるものと2種類に区別されることを見出し,前者をガラス電気,後者を樹脂電気と名づけた。その後ガラス電気は正電荷,樹脂電気は負電荷または陰電気と呼ばれるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐でんか【正電荷】
正の値の電荷(電気量)。陽子は正の電荷、電子は負の電荷をもつ。正電気。⇔負電荷

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正電荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正電荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.