Rakuten infoseek

辞書

正親町天皇【おおぎまちてんのう】

美術人名辞典

正親町天皇
第百六代天皇。後奈良天皇の第一皇子、母は万里小路賢房の娘吉徳門院栄子。名は方仁。毛利元就の援助で即位礼を挙行。織豊政権の最盛期に、皇室の権威維持に努めた。また三条西公条・実枝に和歌・古典の指導を受け、和歌御会等の開催にも積極的であった。文禄2年(1593)崩御、77才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おおぎまち‐てんのう〔おほぎまちテンワウ〕【正親町天皇】
[1517~1593]第106代天皇。在位1557~1586。後奈良天皇の第2皇子。名は方仁(みちひと)。弘治3年(1557)践祚(せんそ)毛利元就(もうりもとなり)父子の献上金で、永禄3年(1560)になって即位。のち、織田信長豊臣秀吉の援助を受けて、皇室の諸儀式の回復に努力。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

正親町天皇 おおぎまちてんのう
1517-1593 戦国-織豊時代,第106代天皇。在位1557-86。
永正(えいしょう)14年5月29日生まれ。後奈良天皇の第2皇子。母は藤原栄子(吉徳門院)。弘治(こうじ)3年父の死で践祚(せんそ)したが,即位式は毛利元就(もとなり)らの献金により3年後におこなった。織田信長,豊臣秀吉らの援助で,宿願だった皇居の修理,伊勢神宮の造営や遷宮,朝儀の復興などにつくした。秀吉を関白に任じた翌年譲位。文禄(ぶんろく)2年1月5日死去。77歳。墓所は深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は方仁(みちひと)。著作に「年中御作法留」,歌集に「正親町院御百首」。
【格言など】憂世(うきよ)とて誰れをかこたむ我れさへや心の儘にあらぬ身なれば(「正親町院御百首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおぎまちてんのう【正親町天皇】
1517‐93(永正14‐文禄2)
第106代に数えられる天皇。在位1560‐86年。諱(いみな)は方仁(みちひと)。後奈良天皇の皇子,母は万里小路賢房の女栄子(吉徳門院)。1533年(天文2)12月親王および元服の儀を挙げ,57年(弘治3)10月践祚,60年(永禄3)1月即位。天皇の伝統的権威によって織豊2氏の国内統一事業を助け,またその尽力により御料所の復旧・新設,禁中の修理,朝儀の復興などがなされた。86年(天正14)11月皇孫和仁親王(後陽成天皇)に譲位した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおぎまちてんのう【正親町天皇】
1517~1593) 第一〇六代天皇(在位1560~1586)。名は方仁しげひと。後奈良天皇の第一皇子。毛利元就の献上金によって即位。織田信長・豊臣秀吉らの援助を受け、衰微していた皇室の回復に尽力。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正親町天皇
おおぎまちてんのう
[生]永正14 (1517).5.29. 京都
[没]文禄2 (1593).1.5. 京都
第106代の天皇(在位 1557~86)。名は方仁。後奈良天皇第2皇子,母は贈皇太后藤原栄子。弘治3(1557)年践祚したが,当時,国内は大いに乱れ,皇室の衰微など顧みられなかった。永禄3(1560)年毛利元就の献金によって初めて即位。次いで織田信長によって宮城の修補,供御田の回収,諸節会の復興などが行なわれ,さらに豊臣秀吉の援助により,応仁の乱以来紊乱した皇室の式典の整備や御料の献上などが行なわれた。在位 29年2ヵ月,天正14(1586)年後陽成天皇に譲位,太上天皇と号した。陵墓は京都市伏見区深草坊町の深草北陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

正親町天皇
おおぎまちてんのう
(1517―1593)
第106代天皇(在位1557~86)。後奈良(ごなら)天皇第1皇子、母は吉徳門院藤原栄子。名は方仁(みちひと)。1557年(弘治3)に践祚(せんそ)したものの戦国動乱のなかで即位式ができず3年後の60年(永禄3)毛利元就(もうりもとなり)の献上金により即位。戦乱で荒れた皇室料の回復などを依頼した勅命を諸国の戦国大名に発した。統一権力の確立を図る織田信長はこの勅命にこたえるとともに、天皇を積極的に活用した。信長が本願寺と一向一揆(いっこういっき)勢力を打倒するうえで80年(天正8)3月に行った天皇の勅命による講和策もその一つであり、天皇の側はそれらによって戦国時代の権威の低落状況から一歩抜け出すこととなった。陵墓は京都深草北陵。[奈倉哲三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

正親町天皇 (おおぎまちてんのう)
生年月日:1517年5月29日
戦国時代;安土桃山時代の第106代の天皇
1593年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおぎまち‐てんのう おほぎまちテンワウ【正親町天皇】
第一〇六代天皇。後奈良天皇の第一皇子。名は方仁(しげひと)。弘治三年(一五五七)践祚、三年後に毛利元就の献上金で即位の礼を行なう。また、織田信長、豊臣秀吉に働きかけて、窮乏状態にあった皇室の回復につとめた。在位三〇年。永正一四~文祿二年(一五一七‐九三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正親町天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正親町天皇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.