Rakuten infoseek

辞書

正義【せいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正義
せいぎ
justice
人間の社会的関係において実現されるべき究極的な価値。善と同義に用いられることもあるが,善が主として人間の個人的態度にかかわる道徳的な価値をさすのに対して,正義は人間の対他的関係の規律にかかわる法的な価値をさす。正義とは何かという問題については古来さまざまな解答が示されてきたが,一般的な価値ないし価値判断に関する見解と同様に,正義を客観的な実在と考える客観主義的,絶対主義的正義論と,正義を主観的な確信と考える主観主義的,相対主義的正義論とに大別できよう。法思想の領域では,だいたいにおいて自然法論が前者に,法実証主義が後者に属する。従来の正義論のうちではアリストテレスキケロの見解が名高く,与えた影響も大きい。アリストテレスは,道徳とは区別される正義 (特殊的正義) について,配分的正義と交換的正義 (平均的正義,調整的正義とも訳される) とを区別し,前者は公民としての各人の価値,功績に応じて名誉や財貨を配分することにおいて成立し,後者は私人としての各人の相互交渉から生じる利害を平均,調整することにおいて成立するとした。キケロは,この配分的正義と同様な内容を「各人に彼のものを」という公式で表現した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐ぎ【正義】
人の道にかなっていて正しいこと。「正義を貫く」「正義の味方」
正しい意義。また、正しい解釈。「四書正義
「其実はあたの語の―に非るなり」〈西村茂樹明六雑誌三三〉
人間の社会行動の評価基準で、その違反に対し厳格な制裁を伴う規範

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいぎ【正義】

意義
 人間の行為を,正しい,正しくないというように判断するための基準が正義である。正義の古典的定義として有名なのは,ローマ法学者ウルピアヌスの〈各人に彼のものを与えんとする恒常的意思〉という定義であるが,さらにそのをたどればアリストテレスの正義概念にさかのぼる。アリストテレスは,正義とは均等的,〈価値に相応の〉ということであり,不正とは不均等的,〈過多をむさぼる〉ことであるとした。そしてそのうえで二つの均等があるとし,配分的正義と矯正的正義とを区別する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいぎ【正義】
正しい道義。人が従うべき正しい道理。 -を貫く
他者や人々の権利を尊重することで、各人に権利義務・報奨・制裁などを正当に割り当てること。アリストテレスによると、名誉や財貨を各人の価値に比例して分配する配分的正義と、相互交渉において損害額と賠償額などを等しくする矯正的(整調的)正義とに分かれる。また、国家の内で実現されるべき正義には自然的正義と人為的正義とがあり、前者が自然法、後者が実定法につながる。国家権力の確立した社会では、実定法的正義は国家により定められるが、これは形式化・固定化されやすい。そこで、各人がその価値に応じた配分を受け、基本的人権を中心とした諸権利を保障されるべしという社会的正義の要求が、社会主義思想などによって掲げられることになる。公正。公平。
正しい意味。正しい解釈。経書の注釈書の名に多用された。 五経-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

正義
せいぎ
justice
正義は、古代ギリシア・ローマ時代以来、「各人に各人の分を」suumcuiqueという簡潔な標語で一般に言い表されてきた。つまり、その人に相応するものをその人に帰属させることが正義であるとされるが、その人の当然の取り分をその人に与えるという「分配の正義」である場合もあれば、その人のなしたことに対して当然の報いを受けるという「応報の正義」である場合もある。古代ギリシアのソフィスト派に属するトラシマコスが、正義を「強者の利益」と規定したのに対して、プラトンは「権力」と「権利」との区別を明確にして、「正義」を国家の備えるべき至高の徳とした。アリストテレスは正義を「配分的正義」と「応報的正義」に分け、後の正義論に大きな影響を与えた。
 正義というラテン語、およびそれと関連する西欧語には、「法」あるいは「権利」jus Rechtという語が含まれている。したがって正義の問題は、法の問題と深い関係をもつものと考えられてきた。しかもこの場合の「法」は、現実の実定法(成文法、不文法)に限らず、神法、自然法にも関係するから、正義の問題は、倫理学、法哲学、法学、政治哲学などにおいて従来広く論ぜられてきた。正義は国家や社会制度の基準とされ、法において体現される場合もあれば、逆に悪法を批判する原理ともなりうるのである。
 ところで、正義に関する議論は、具体的には平等の問題としていろいろと論ぜられてきた。また法律上は、とくに「衡平(法)」equityの問題としてコモン・ロー(慣習法)の不備を補う原則として用いられている。
 最近では正義の問題は、とくに「社会正義」social justiceという形で、現代世界における貧富の格差と社会経済的搾取や不平等、差別や人権侵害、政治的抑圧や軍事的暴力的対立と抗争などの諸問題を告発し、その解決を求める人道的人類的課題を呈示するものとして注目されている。[飯坂良明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ぎ シャウ‥【正義】
〘名〙 正しい道理。正しい意義。せいぎ。〔教行信証(1224)〕
※評判記・色道大鏡(1678)九「正義(シャウギ)をしらぬはことはりなれど、公界ものなれば、片言なからぬやうにこそせまほしき物なれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ぎ【正義】
〘名〙
① 正しい道理。正しいすじみち。人として行なうべき正しい道義。しょうぎ。
※愚管抄(1220)六「わが御心には是を正義とのみ思召けるなるべし」
※御成敗式目(1232)四四条「未定之処為望件所領欲申沈其人之条所為之旨敢非正義」 〔荀子‐正名〕
② 正しい意義。正しい釈義。しょうぎ。
※貴嶺問答(1185‐90頃)閏一〇月三日「省彼迂説此正義
※仙覚抄(1269)二「ちはやと云はみちはやしといふことば也。ふるといふはあまくだり紿ふことばなり。是正義なるべし」 〔漢書‐律暦志上〕
③ プラトン哲学で、国家の各部分がそれぞれに割り当てられたふさわしい役割を果たすこと。アリストテレスでは、広義には合法的であること、狭義には公平であることをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.