Rakuten infoseek

辞書

正本【しょうほん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正本
しょうほん
(1) 各種の浄瑠璃長唄詞章節付を施して出版した冊子。その内容が浄瑠璃の語り手すなわち太夫 (たゆう) の語ったそのままの正しい本であるという味,および全部を収めた完全な本という意味で名づけられた。義太夫節の正本で後者にあたるものを丸本 (まるほん) ともいう。誤りのないことを証する奥書をつけるのを例とする。 (2) 歌舞伎脚本の筆写本のこと。台本台帳ともいい,関西では根本 (ねほん) ともいう。半紙を縦二つ折にした形が普通で,ときに横に二つ折にした横長のものもある。せりふの頭には,劇中人物名 (役名) でなく,その役を演じた役者の名を記す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正本
せいほん
Ausfertigung
法律の規定のある場合に権限のあるにより,原本に基づいて作成される謄本一種法律上の効力は原本と同一である。原本は一定の場所に保存しておく必要があり,かつ,その効力を他の場所で発揮させなければならない場合 (たとえば,判決を当事者に送達するか,または確定判決執行文を付与する場合) に作成される。戸籍については,原本にあたるものを戸籍正本と呼び,市町村役場に備付けられる (戸籍法8) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐ほん〔シヤウ‐〕【正本】
根拠となる原本。
歌舞伎の上演用脚本。役者のせりふや動作、大道具・小道具・衣装・音楽などを詳しく書いた筆写本。台帳。根本(ねほん)。
浄瑠璃説経節長唄などの詞章に曲節の譜を記入した版本。
太夫使用の原本と仮名遣いや節付けが同じ浄瑠璃本
せいほん(正本)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ほん【正本】
権限のある者(裁判所書記官公証人など)が原本に基づき作成する謄本の一種で、原本と同一の効力を有するもの。
戸籍の原本にあたるもの。
転写または副本の原本。→正本(しょうほん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうほん【正本】
江戸時代の音曲書。浄瑠璃詞章の版本として,浄瑠璃太夫の原本を正しく写したものの意。1634年(寛永11)4月刊の《はなや》に〈天下無双薩摩太夫以正本開之〉と記すものが最も古く,以来享保(1730年ごろ)まで刊行されている。この種のものは,1ページが17~18行の細字本で数葉の挿絵が入っているので,絵入細字本絵入浄瑠璃本ともいわれる。音曲上の節付よりもを読ませることが主眼であったが,延宝期(1673‐81)には挿絵がなく,太字で節付の入ったものが刊行されるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうほん【正本】
謄本・写本などのもとになった本。原本。せいほん。
浄瑠璃の詞章に節付けを付した版本。
太夫使用の原本と詞章・節付けを完全に同じくした本。
一段のみでなく、全段を収録した本。丸本。浄瑠璃正本。
歌舞伎の上演用に筆写された脚本。台帳。
説経節・長唄の詞章に節付けを付した版本。
省略のない本。完本。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいほん【正本】
権限のある者によって原本に基づき作成され、原本と同一の効力を有する謄本。
転写または副書されたものの原本。 → しょうほん正本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ほん シャウ‥【正本】
〘名〙
① 根拠となる原本。
※玉葉‐承安三年(1173)三月一三日「保安返牒之草〈在良草之、清書定信也、伴正本草也〉取出令見」
※史記抄(1477)二〇「正本をば名山の書府に蔵めて、副本をば京に留て置ぞ」
② 規範となるもの。適正なよりどころ。
※正法眼蔵(1231‐53)伝衣「いま仏祖正伝せる袈裟の体色量を、諸仏の袈裟の正本とすべし」
※玉塵抄(1563)三八「四十にならぬ壮士でひっこうだは急流中の勇退の正本なり」
③ 歌舞伎狂言の脚本。芝居のしくみ、役者のせりふや動作、衣装、舞台装置、音楽などのいっさいをこまかく書いたもの。体裁には、半紙を横折りにした横本と、半紙を二つに折った縦本とがある。台帳。台本。根本(ねほん)。〔絵本戯場年中鑑(1803)〕
※滑稽本・八笑人(1820‐49)二「ヱヱ、此男も、むづかしい事計りいふは。まづ荒増正本(シャウホン)をはなさつせへナ」
④ 太夫(たゆう)訂正の脚本。節つけや仮名づかいに至るまで、太夫使用の原本のままの浄瑠璃の称。
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)上「新内ぶしの正本なぞを見て」
⑤ 浄瑠璃、説経節、長唄などの詞章に曲節の譜を記入した版本。
⑥ 省略のない完本。丸本。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ほん【正本】
〘名〙
① 法令の規定に基づき、権限のある者によって作成された謄本で、原本と同一の効力を有するもの。判決正本・公正証書正本など。〔仏和法律字彙(1886)〕
② 戸籍の原本に当たるもの。
※戸籍法(明治三一年)(1898)一一条「身分登記簿の正本は」
③ 転写あるいは副書したものの原本。しょうほん。〔出三蔵記集‐八・維摩詰経序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.