Rakuten infoseek

辞書

正岡子規【まさおか】

美術人名辞典

正岡子規
俳人・歌人。名は常規、別号獺祭書屋主人・竹乃里人等。東大国文科中退。初め政治を志したが、哲学次いで文学に転じる。俳諧の新たな史的考察によって俳句革新を志し、次いで「歌よみに与ふる書」を発表、短歌革新にのり出し、高浜虚子らの「ホトトギス」刊行を支援した。また写生文の必要を説いて優れた随筆を発表する。カリエスによる長い病床生活を送ったが、その精力的な活動により、俳句・短歌に近代文学としての位置を確立した。明治35年(1902)歿、34才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

正岡子規
愛媛県生まれの俳人・歌人(1867~1902)。1895年初め、念願だった日清戦争への従軍内定。戦争の指揮をとっていた広島大本営に履歴書などを提出するため同年3月に広島市に滞在し、その合間に1泊2日で呉を訪れた。子規が呉で投宿したのは1度だけで、その時詠んだのは「のどかさや檐端(のきば)の山の麥畠(むぎばたけ)」。このほか、呉港と題し、「大船や波あたゝかに浮く」「呉かあらぬ春の裾山灯をともす」を詠んだ。
(2011-07-13 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

まさおか‐しき〔まさをか‐〕【正岡子規】
[1867~1902]俳人・歌人。愛媛の生まれ。本名、常規(つねのり)。別号、獺祭書屋(だっさいしょおく)主人・竹の里人。俳句革新に着手し、俳誌ホトトギス」により活動。また、「歌よみに与ふる書」で和歌改革を主張。写生文も提唱した。門下に高浜虚子伊藤左千夫などを輩出。句集「寒山落木」、歌集「竹の里歌」、俳論俳諧大要」など。→日本派根岸短歌会
[補説]忌日となる9月19日は、子規忌のほか獺祭忌(だっさいき)糸瓜忌(へちまき)ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

正岡子規 まさおか-しき
1867-1902 明治時代の俳人,歌人。
慶応3年9月17日生まれ。明治25年日本新聞社入社,紙上で俳句の革新運動を展開。28年以降は病床にあり,30年創刊の「ホトトギス」,31年におこした根岸短歌会に力をそそぎ,短歌の革新と写生俳句・写生文を提唱した。野球の普及にも貢献,平成14年新世紀特別表彰で野球殿堂入り。明治35年9月19日死去。36歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。帝国大学中退。本名は常規(つねのり)。別号に獺祭書屋(だっさいしょおく)主人,竹の里人。著作に句集「寒山落木」,歌集「竹乃里歌」,ほかに「獺祭書屋俳話」「歌よみに与ふる書」「病牀(びょうしょう)六尺」など。
【格言など】柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まさおかしき【正岡子規】
1867‐1902(慶応3‐明治35)
明治の俳人,歌人,随筆家。本名常規(つねのり),幼名処之助(ところのすけ),升(のぼる)。別号獺祭書屋(だつさいしよおく)主人,竹の里人(さとびと)。松山市生れ。松山中学を経て東京の大学予備門に入学。予備門が校名を改称した一高を経て東大中退。1892年には日本新聞社に入社。社長の陸羯南(くがかつなん)とその交友関係から国粋発揮の思想的な影響を受けている。創作としては,少年期から漢詩を試み,のち和歌,俳句に手を染めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まさおかしき【正岡子規】
1867~1902) 俳人・歌人。松山市生まれ。本名、常規。別号、獺祭だつさい書屋主人・竹の里人など。新聞「日本」・俳誌「ホトトギス」によって写生による新しい俳句を指導、「歌よみに与ふる書」を著して万葉調を重んじ、根岸短歌会を興す。また写生文による文章革新を試みるなど、近代文学史上に大きな足跡を残した。著「竹の里歌」「俳諧大要」「仰臥漫録」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正岡子規
まさおかしき
[生]慶応3(1867).9.17. 伊予,松山
[没]1902.9.19. 東京
俳人,歌人。本名,常規。 1892年東京帝国大学国文学科を中退,新聞『日本』に入社。同紙に拠って俳句革新運動ののろしをあげ,『獺祭書屋俳話』を連載,『文界八つあたり』 (1893) ,『俳諧大要』 (1895) などを書く一方,『歌よみに与ふる書』 (1898) 以後根岸短歌会を結成して短歌革新に力を尽した。俳句,短歌ともに写生 (写実) を旨とする文学であることを主張,俳句では内藤鳴雪,佐藤紅緑,河東碧梧桐,高浜虚子ら,短歌では香取秀真岡麓,伊藤左千夫,長塚節らの俊秀を育て,のちの『ホトトギス』派,『アララギ』派の礎を築いた。句集『寒山落木』,歌集『竹乃里歌』,随筆『墨汁一滴』 (1901) ,『病牀六尺』 (1902) ,日記『仰臥漫録』 (1901~02) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

正岡子規
まさおかしき
(1867―1902)
俳人・歌人。慶応(けいおう)3年旧暦9月17日(陽暦10月14日)伊予国温泉郡藤原新町(松山市新玉町)に生まれる。本名常規(つねのり)、幼名処之助、また升(のぼる)。別号獺祭書屋主人(だっさいしょおくしゅじん)、竹の里人。父隼太(はやた)は松山藩の下級武士。政治家を志し、松山中学校を中退して、1883年(明治16)17歳のとき、叔父の加藤拓川(たくせん)を頼って上京した。やがて一ツ橋大学予備門(旧制一高の前身)に入学し、夏目漱石(そうせき)を知る。この前後に和歌や俳句をつくり始め、また人情本に親しみ落語なども好んだが、当時はやりだしたベースボールにも熱中した。一時、哲学者になろうとしたが、一方、古俳諧(はいかい)の研究を進め、友人と句作に励んだ。1889年に喀血(かっけつ)して子規と号し、翌1890年帝国大学文科大学(現、東京大学文学部)国文科に入学し志望が三転した。当時の新進作家幸田露伴(ろはん)の影響を受け、1891年小説『月の都』を書いたが成功せず、「僕は小説家となるを欲せず、詩人とならんことを欲す」と記して、結局俳人として生きる決意を固めた。
 1892年新聞『日本』に『獺祭書屋俳話』を連載。俳句革新運動の先駆けとなる。ついで大学を中退し、日本新聞社に入社。社長陸羯南(くがかつなん)の家の隣(当時下谷区上根岸町)に住み、終生羯南の庇護(ひご)を受ける身となった。1895年、日清(にっしん)戦争に志願して従軍し、帰途喀血、のち脊椎(せきつい)カリエスとなり、死ぬまでほとんど病床に釘(くぎ)づけになったが、その間の7、8年に子規は獅子奮迅(ししふんじん)の働きをした。発表の場は主として新聞『日本』と1897年創刊の雑誌『ホトトギス』で、洋画家中村不折らとの交流により、俳句に自然を描写する写生の重要性を悟り、また蕪村(ぶそん)の絵画的で自在な句境を学び、従来の月並や理屈を排して若い作者の中心となり俳句の革新を進めた。おもな俳論に『俳諧大要』(1895)、『俳人蕪村』(1897)などがある。1898年には和歌の革新に乗り出し、『歌よみに与ふる書』を発表して因襲にとらわれる旧派の歌人を攻撃し、『百中十首』(1898)をもって、当時としては破天荒の斬新な手法による短歌を示した。
 子規の俳句は自筆の稿本『寒山落木』全5巻、『俳句稿』全2巻などに2万近く収められ、短歌は『竹乃里歌』に記され、補遺をあわせて2400首ほど。晩年に近づくにつれて俳句も短歌も境涯を生かした至純な境地に進んだのは、『万葉集』からの摂取、また病苦の深まりによるものである。「(けいとう)の十四五本もありぬべし」「さまざまの虫鳴く夜となりにけり」「いちはつの花咲きいでゝ我目には今年ばかりの春行かんとす」などの作は有名なもの。明治35年9月19日没。
 子規は新体詩、小説にも手を染めたが、随筆『墨汁一滴』(1901)、『病牀六尺(びょうしょうろくしゃく)』(1902)、とくに日記『仰臥漫録(ぎょうがまんろく)』(1901~1902)に率直な人間性がみられる。また経験を平明に客観的に書く写生文も提唱して、後世の平易な日本語の成立にも少なからぬ影響を与えた。彼の俳句は、『ホトトギス』に拠(よ)る高浜虚子(きょし)らに、短歌は『アララギ』に拠る伊藤左千夫(さちお)らに継承された。1981年(昭和56)郷里松山市に子規記念博物館が開館した。[宮地伸一]
『『子規全集』22巻・別巻3(1975~1978・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まさおか‐しき【正岡子規】
俳人。歌人。本名は常規(つねのり)。別号は獺祭書屋(だっさいしょおく)主人・竹の里人。伊予(愛媛県)松山生まれ。帝国大学文科大学退学後、日本新聞社に入社。平明な写生句を特徴とする日本派俳句を確立、雑誌「ホトトギス」の創刊以来、指導者的役割を果たし、写生文をも提唱した。また、写生主義と万葉調を主唱して根岸短歌会を結成し、短歌革新運動を行ない、アララギ派の基礎を築いた。門下に、伊藤左千夫、長塚節、高浜虚子、河東碧梧桐らがいる。著「寒山落木」「竹乃里歌」「獺祭書屋俳話」など。慶応三~明治三五年(一八六七‐一九〇二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正岡子規」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正岡子規の関連情報

他サービスで検索

「正岡子規」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.