Rakuten infoseek

辞書

正射図法【せいしゃずほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正射図法
せいしゃずほう
orthographic projection
投射図法の一種で,直射図法ともいう。視点 (または光点) を無限遠において平行光線を地球儀に照射し,投影面に写したとみなされる地図投影法地図の中心から地図上の各点に引いた線と直角な方向についての長さが正しく表わされる正距図法で,半球までの範囲を表わすことができる。地図の中心 (地図主点) を極においた正軸の場合は,経線が極点からの放射直線となり,緯線は極を中心とした正距の同心円となる。地図主点を赤道においた横軸の場合は,すべての緯線は平行直線となり,中央経線は直線で赤道と直交するが,他の経線は楕円となる。地図主点をその他の位置においた斜軸の場合は中央経線を除く経緯線はすべて楕円となる。外周の円に近づくほど地図投影のひずみが著しく大きくなるが,広い地域全体の広大な感じが得られ,地球儀を観察するのと同じ印象を得る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいしゃ‐ずほう〔‐ヅハフ〕【正射図法】
地図投影法の一。地球に接する平面に、地球外の無限遠の距離からこの平面に垂直に光を当てて投影する図法。地球を遠くから眺めた姿になる。直射図法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいしゃずほう【正射図法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいしゃずほう【正射図法】
地図投影法の一。視点を無限大の距離において、地心を通る平面に地球表面を垂直に投影する図法。得られる図は地球を遠くから眺めた感じがある。直射図法。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

正射図法
せいしゃずほう
orthographic projection
地図投影の一種。投射図法の一種で、視点を無限遠とするので視線は平行直線となる。投影面は地表に接する平面で視線と直交する。半球までしか表せないが、地球儀を眺めるような立体的な印象を与える。紀元前240年ごろにギリシアでアポロニオスが考案、紀元前2世紀ごろにヒッパルコスが作図し日時計の目盛盤とし、アナレマと称された。17世紀初期に地図に用いられてから正射図法の名称になった。20世紀中期には広域地図で国土の広大さを印象づける効果を目的とした地図に用いられた。[金澤 敬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいしゃ‐ずほう ‥ヅハフ【正射図法】
〘名〙 無限遠の距離から地球をながめて描いたと同じ効果を示す投射法。地球に接する平面に垂直にあたる平行光線による投射で、半球しか表わすことができない。直射図法。〔工学字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正射図法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正射図法の関連情報

他サービスで検索

「正射図法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.