Rakuten infoseek

辞書

正典【せいてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正典
せいてん
Canon
最広義の聖書諸書のうち,教会または教団認した書,厳密には聖書と同一である。最初から正典が確立していたわけではなく,歴史的に時を追って成立していったのであるから,ユダヤ教団,カトリック教会,ギリシア正教会,プロテスタント教会など,それぞれの教義と伝統によって正典の内容には多少のずれがある。旧約正典については,プロテスタント教会は元来ヘブライ語であった現在の旧約聖書 39の書を正典とする。ローマ・カトリック教会はウルガタ訳聖書の訳者ヒエロニムスの影響を受けてヘブライ語聖書のみを正典としていたが,トリエント公会議 (1546) 以後はセプトゥアギンタ (七十人訳聖書) として知られたギリシア語訳聖書に含まれるギリシア語原文の書をも含むウルガタ中の全書を正典として承認し,その結果,上記 39書以外のいわゆる旧約外典をも正典に含めることとなった。また新約聖書 27の書は 50~150年頃の間に書かれたが,全部が正典として承認されたのは 397年のカルタゴ会議においてであり,この決定にはヒエロニムスやアウグスチヌスが影響を与えた。正典結集の過程は旧約同様異説が多いが,その資料としては教父の書物エウセビオスの『教会史』,マルキオンの正典表などがあげられる。なお新約正典はトリエント公会議であらためて 27の全書が正典として決定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐てん【正典】
教団・教会が公式に認めている、教義の規準信仰生活の規範となる書物。カノン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいてん【正典】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいてん【正典】
教団・教会によって公に認められ、信仰・教義・生活に規範を与える書物。カノン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

正典
キャノン」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

正典」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正典の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.