Rakuten infoseek

辞書

止血【しけつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

止血
しけつ
hemostasis
出血を止める方法。応急的に行う一時的止血法と,永久的止血法とに大別できる。前者には,出血部を滅菌ガーゼなどで圧迫する方法,動脈出血に対して出血創の上部血管を指で圧迫する指圧法,四肢の大血管の出血に対して止血帯で中枢側動脈を固く縛る緊縛法などが含まれる (緊縛法では,止血部末梢の壊死発生に注意する) 。後者では,止血鉗子で血管の断端をはさんで結紮糸で縛る血管結紮法が最も確実であるが,そのほか血管を縫合する方法,電気メスで焼灼する方法,局所止血剤を当てる薬物的止血法などもある。全身的止血法には,血液凝固促進剤の投与血小板輸血などもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐けつ【止血】
[名](スル)出血を止めること。血止め

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

止血
 出血が止まること.もしくは止めること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しけつ【止血 hemostasis】
けがやいろいろな病気(たとえば胃潰瘍)などの際,血管が切れたところから血液が血管外へ出る(出血)。この出血を止めることを止血という。出血は損傷される血管により,動脈性出血,静脈性出血および毛細血管性出血とに分類される。また,出血はからだの表面部におきる外出血とからだの内部でおきる内出血とに分けられる。いわゆるあざなど体表面に近いものを除き,内出血は手術による止血が必要なことが多いが,外出血の止血法は一般人も心得ておくことがたいせつである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しけつ【止血】
スル
傷口からの出血を止めること。血どめ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐けつ【止血】
〘名〙 出血を止めること。血止め。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉五「患部の切除を済ませ、止血(シケツ)、縫合、繃帯まで二十何分で終了した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

止血」の用語解説はコトバンクが提供しています。

止血の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.