Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

歌語【カゴ】

デジタル大辞泉

か‐ご【歌語】
特に和歌に用いられる言葉や表現。「(つる)」を「たず」と表現する。うたことば。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

歌語
かご

和歌に用いられることば。とくに、鶴(つる)に対して「たづ」、蛙(かえる)に対して「かはづ」、あるいは「わぎもこ(我妹子)」「さくらばな(桜花)」「さくらがり(桜狩)」などのように、普通の話しことばや散文には用いられず、和歌を詠むときだけに用いられる特定のことばをさすことが多い。一般に和歌のことばは和語系で、漢語を用いることはまれであり、洗練された文学用語として、いわゆる俗語的なものが排除される傾向にあったから、歌語はしだいに雅語的なものとして受け止められるようになった。懸詞(かけことば)や縁語、あるいは音数律など、和歌特有の表現技法の影響下にあり、一方その変遷は、和歌史の推移に深くかかわっている。

[久保木哲夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うた‐がたり【歌語】
〘名〙 歌についての物語。歌にまつわる話。歌物語(うたものがたり)
※源氏(1001‐14頃)賢木「よろづの御物語、文の道のおぼつかなくおぼさるる事どもなどとはせ給て、又、すきずきしきうたがたりなども、かたみに聞えかはさせ給ふついでに」
[語誌]文学史では、「歌語り」と「歌物語」とを分け、前者を口承段階のもの、後者を文字化された段階のものとする。しかし、当時「歌語り」と「歌物語」との間に区別があったとは考えにくい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か‐ご【歌語】
〘名〙 主として、和歌をよむ時だけに用いられる言葉。鶴(つる)に対する「たづ」、蛙(かえる)に対する「かはづ」など。広くは四季の景物、歌枕、古歌の秀句、異名、序詞、懸詞など和歌の表現に関わる慣用的、類型的な語句の体系をさす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.