Rakuten infoseek

辞書

歌舞伎【かぶき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歌舞伎
かぶき
日本の古典演劇の一つ。せりふ,音楽,舞踊の各要素が混然一体となっている。歌舞伎は「傾(かぶ)き」(異常,放埒の意)のあて字。江戸時代初期の出雲の阿国のかぶき踊が始まりとされ,そのまねをした遊女たちが茶屋や風呂上がり風俗をミュージカル風に演じてみせた。しかし風俗紊乱のかどで女歌舞伎が禁止され,その二十数年後には少年たちによる若衆歌舞伎も禁止された。以後は「物真似狂言尽」として男性俳優のみによる演技中心の舞台が展開し,その結果,女方の演技術が生まれた。元禄期にいたって歌舞伎は完成度を高め,劇作者としては近松門左衛門その他を出し,坂田藤十郎芳沢あやめ,1世市川団十郎らの名優が輩出して,和事荒事という特殊な演技術を生んだ(→元禄歌舞伎)。また『役者評判記』という劇評書が毎年出版されて演技評が確立した。享保期には瀬川菊之丞中村富十郎によって女方舞踊が完成され,天明期には立役中心の浄瑠璃所作事が江戸で発達。以後,劇壇の趨勢は上方から江戸に移り,化政期には鶴屋南北によって生世話物が創始され,また舞踊に変化物が生まれて爛熟期を迎えた。7世市川団十郎,5世松本幸四郎,5世岩井半四郎らの名優が続出して演技術が極度に発達したが,同時に伎芸の固定化がみられ,演技,演出の型や家の芸が生まれた。幕末には河竹黙阿弥による白浪物が生まれ,4世市川小団次が活躍。明治以降は一種の革新期を迎え 9世市川団十郎,5世尾上菊五郎を中心に,活歴物散切物が現れ,大正期には 2世市川左団次を中心に新歌舞伎という新しい様式をみせた。第2次世界大戦後は,擬古典から古典を意識しないものまで種々の新作が上演され,3世市川猿之助によるスーパー歌舞伎という新しいジャンルが出現する一方,国立劇場を中心に上演される復活狂言も一つの傾向を示している。1965年国の重要無形文化財に指定。2008年世界無形遺産に登録された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぶき【歌舞伎/歌舞×妓】
天正時代の流行語で、奇抜な身なりをする意の動詞「かぶ(傾)く」の連用形から》近世初期に発生、江戸時代の文化が育てた日本固有の演劇。先行の舞踊・音楽・科白劇(かはくげき)などの諸要素を集大成した、庶民的な総合演劇として今日に至る。歌舞伎劇歌舞伎芝居

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

歌舞伎
江戸・元禄期に現代形式として成立した日本の古典演劇。四〇〇年の歴史がある。三味線を中心とした音楽と物語性を加味した芝居。男が女に扮する女形の存在、ストップモーション風な見得、立ち回り、しゃべり方、化粧法、舞台装置など独特の形式を持つ。出雲国阿国(おくに)が一六〇三(慶長八)年、京都で女だけの踊りを興行したのが始まり。奇抜な服装をしたので「傾(かぶ)き踊り」と呼ばれた(「歌舞伎」は当て字)。女歌舞伎から若衆歌舞伎、野郎歌舞伎へと変遷。現在、役者の数は約六〇〇人。ワイヤーなどで身体を空中に吊り上げる宙乗りの演技、着重ねた衣装の糸を抜いて瞬間に衣装を替える引き抜き、一瞬で他人と入れ替わる早替わりなどのけれん芸(視覚的だが俗受けの演技)の導入で、若い人の人気も保っている。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

日本文化いろは事典

歌舞伎
江戸時代に大成した日本の代表的演劇。鎌倉・室町時代に大成した能楽、江戸時代に大成した人形浄瑠璃と並んで、三大国劇と呼ばれています。女優の代わりに男性が女形を演じ、舞踊劇・音楽劇などの要素も含む演劇です。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

かぶき【歌舞伎】
歌舞伎は,舞楽,能,狂言,人形浄瑠璃などとともに日本の代表的な古典演劇であり,人形浄瑠璃と同じく江戸時代に庶民の芸能として誕生し,育てられて,現代もなお興行素材としての価値を持っている。明治以後,江戸時代に作られた作品は古典となり,演技・演出が〈型(かた)〉として固定したものも多いが,一方に新しい様式を生み出し,その様式にもとづいた作品群を作りつづけてきた。また,古典化した作品の上演にも新演出を試みるなどの方法によって,全体としては流動しながら現代に伝承され,創造がくり返されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かぶき【歌舞伎】
演劇雑誌。同名の雑誌が3種。第1期は歌舞伎発行所刊の1900年1月~15年1月まで全174冊。編集長は三木竹二から伊原青々園に引き継がれ,演劇全般を扱った。第2期は歌舞伎座刊の1925年5月~30年6月まで全50冊。吉田暎二(てるじ)のち田中貞の編集で,歌舞伎座の宣伝誌的性格を帯びた。第3期は松竹演劇部刊。1968年7月~78年4月。本誌は季刊で全40冊,随時の増刊。特集主義を採用。編集野口達二。【大笹 吉雄

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

歌舞伎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌舞伎の関連情報

他サービスで検索

「歌舞伎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.