Rakuten infoseek

辞書

歌舞伎舞踊【かぶきぶよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歌舞伎舞踊
かぶきぶよう
日本の近世舞踊の一つ。歌舞伎踊所作事景事 (けいごと) などともいう。歌舞伎の劇中にはさまれたり,あるいは独立して演じられる。慶長8 (1603) 年頃出雲の阿国が風流の念仏踊から工夫して創始したかぶきに始る。阿国歌伎以後,女歌舞伎,若衆歌舞伎などの初期歌舞伎の時代は舞踊が中心であった。物まね狂言尽しを標榜した野郎歌舞伎となってからも,放れ狂言の時代は何々踊という曲が多くはさまれ,通し狂言の時代になってからも,「出端」「道行」「髪梳」「怨霊事」などの舞踊が劇の一局面として挿入されて演じられた。享保以後舞踊音楽が著しく発達し,舞踊を得意とする女方が輩出して,芝居がかりの舞踊劇を1~2幕加えるのが原則となった。天明以後初代中村仲蔵らの立役で舞踊にすぐれた者が出て,女方の舞踊独占の慣習が破られ,立役を主役とする曲も作られるようになった。三番叟物石橋物,道成寺物,丹前物草摺引物松風物曾我物,山姥物,椀久物,拍子舞物,道行物変化物など多くの種類があり,日本舞踊を代表する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぶき‐ぶよう【歌舞伎舞踊】
歌舞伎興行の演目の一つとして、また、歌舞伎狂言中の一幕として演じられる舞踊。→所作事(しょさごと)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぶきぶよう【歌舞伎舞踊】
歌舞伎の中で演じられる舞踊および舞踊劇。また日本舞踊を代表する舞踊として同義にも用いられる。
[歴史]
 歌舞伎舞踊は,中世末期の風流(ふりゆう)踊という民俗舞踊を母体として発したもので,出雲のお国の踊った歌舞伎踊にはじまる。お国に追随した遊女歌舞伎も,女性芸能いっさいの禁止で出現した若衆歌舞伎も,その中心はレビュー式の〈総“踊”―大踊〉であった。若衆歌舞伎から,その禁止後に登場する野郎歌舞伎になるころ,“”の系統が注入され,さらに女方の発生により若衆から女方に舞踊の中心が移り,元禄期(1688‐1704)に,劇的な“振り”の物真似要素を加えた〈所作事〉が確立する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かぶきぶよう【歌舞伎舞踊】
歌舞伎とともに発達した舞踊で、歌舞伎劇の劇中や、演目の一つとして各種の浄瑠璃や長唄を伴奏として演じられる。広義には、日本舞踊の別称ともされる。 → 所作事しよさごと

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

歌舞伎舞踊
かぶきぶよう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かぶき‐ぶよう【歌舞伎舞踊】
〘名〙 歌舞伎芝居歌舞伎役者によって演じられた舞踊。上方舞などお座敷舞踊に対する語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎舞踊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌舞伎舞踊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.