Rakuten infoseek

辞書

歌祭文【ウタザイモン】

デジタル大辞泉

うた‐ざいもん【歌祭文】
近世俗曲の一。死刑・情死などの事件やその時々の風俗をつづった文句を、門付け芸人が三味線などの伴奏で歌って歩いた。山伏錫杖(しゃくじょう)を振り鳴らし、ほら貝を吹いて、神仏の霊験を唱え歩いた祭文の芸能化したもの。上方に始まる。祭文節(さいもんぶし)。→祭文

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うたざいもん【歌祭文】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うたざいもん【歌祭文】
江戸時代の俗謡の一。芸能化した祭文で、浪花節なにわぶしの源流。初め山伏が錫杖しやくじようを振り法螺貝ほらがいを吹いて神仏の霊験などを語ったが、のちには三味線の伴奏で市井の事件などをいち早く読み込み、その伝播でんぱの役も果たした。でろれん祭文。祭文節。 → 祭文

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うた‐ざいもん【歌祭文】
〘名〙 近世に行なわれた俗曲の一種。本来の宗教上の祭文に対して芸能化したものを区別していう。修験山伏(やまぶし)の徒が、錫杖(しゃくじょう)を振り、法螺貝(ほらがい)を吹いて、神仏の霊験などを語ったのに始まり、後には市井の事件や風俗を詠み込み、三味線を伴奏とするようになった。「祓(はら)ひ清め奉る」または「敬って申し奉る」に始まり、「敬って申す」に終わるのが型である。祭文節。祭文。
※俳諧・誹枕(1680)下「出し月道の果なる常陸坊〈幽山〉 哥祭文を呼坂の秋〈露沾〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

歌祭文
うたざいもん
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
文政9.5(江戸・河原崎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌祭文
(通称)
うたざいもん
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
新板歌祭文
初演
天明5.5(大坂・粂太郎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

歌祭文
うたざいもん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌祭文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌祭文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.