Rakuten infoseek

辞書

歌合【うたあわせ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歌合
うたあわせ
和歌の作者が左右に分れて出題された歌題を歌に詠み,これを合せ比べて優劣を競う文学遊戯。右にはそれぞれの味方である方人 (かとうど) がつく。進行係読師 (とくし) ,読上げる役は講師 (こうじ) ,勝負の審判は判者 (はんじゃ) ,勝負の記録係は籌刺 (かずさし) という。特定の判者をおかず,参加者の多数決で決める場合は衆議判 (しゅぎはん) という。歌が披講されると,方人は難陳といって,相手方の歌を非難し,味方の歌を弁護する。その後,判者が判定を下し,判定理由を判詞 (はんじ) として記す。引分けは持 (じ) という。平安時代前期に始り,初めは豪華な室内装飾物や管弦遊宴を伴い,遊戯的だったが,次第に和歌のよしあしを論じる文学批評の場となっていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うたあわせ【歌合】
短歌を左右1首ずつ組み合わせ,優劣を争う文学的行事。まれには3首を合わせたこともあり,歌人単位に複数の短歌を並記して比較することもあった。
[起源]
 歌う心と競う心と判(ことわ)る心とが結びつけば歌合はいつでも成立しえたはずであるが,万葉時代にもなく,和歌が書き読む文学となって文献に記録されるようになった平安朝初期にもなかった。北家藤原氏の摂関政治を抑えるために和歌をはじめ朝儀国風を作興した光孝天皇の仁和年間(885‐889)に初めて現存最古の《民部卿行平家歌合》(《在民部卿家歌合》)が出現したことと,歌合の行事形式が相撲節会(すまいのせちえ)に酷似していることとからして,いわば歌相撲といった興味から始められたものとさえ考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

うたあわせ【歌合】
歌合の証本集成。平安末期成立。《十巻本歌合》と通称される。近世以来《伝宗尊(むねたか)親王筆歌合巻》と呼ばれていたが,その成立ははるかに古く,関白藤原頼通(よりみち)が主宰し,源経信が監修した史上初の歌合証本集成事業であることが,1938年(昭和13)近衛家文書の中からその総目録が発見されるにおよんで判明した。20巻本の《類聚歌合》の全貌が解明されたのも同じ時の発見による。その内容は,歌合主催者の社会的階層別に分類して,巻一~三内裏,仙洞,巻四・五后宮,女院,准三宮,巻六女御,御息所,女王,巻七斎宮,斎院,巻八・九親王,王孫,大臣,納言,巻十雲客,士大夫,地下人,女宅と,総数46度の歌合を収めている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うたあわせ【歌合】
歌を詠む人が集まって左右に分かれ、一定の題で双方から出した歌を順次つがえて一番ごとに優劣を競う遊び。平安初期に発生し多分に社交的・遊戯的であったが、平安後期頃から歌人の力量を競う真剣なものとなり、歌風・歌論に大きな影響を与えた。左右に分かれる参加者を方人かたうど、優劣の判定を下す人を判者はんじや、その判定の語を判詞はんし・はんじという。うたくらべ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

歌合
うたあわせ
決められた歌題(兼題、即題)で詠んだ歌を一組ずつ番(つが)え(結番(けつばん))、互いに比較して優劣を決め、それを総合して「左」「右」各方(かた)の勝負を争う文芸的な集団競技。
 王朝貴族の情趣的な公私の生活は、さまざまの遊宴競技を盛んにしたが、中国の闘詩、闘草の模倣から「物合(ものあわせ)」(草合、前栽(せんざい)合、虫合など)が生まれた。その合わせた物に添えられた歌(その物を題にして詠む)が、互いに合わせられるようになり歌合が成立した。現存最古の歌合は9世紀末の『在民部卿行平家歌合(ざいみんぶのきょうゆきひらのいえのうたあわせ)』といわれるが、このころは物合と歌合は明確に区分されず、節日(せちにち)、観月などの後宴に、神事、仏事の余興として催された。したがって、歌合の方式、行事もこれらの式次第が準用され、会衆の多くが方人(かとうど)(優劣の難陳(なんちん)をする人)となり、読師(とくじ)(歌を整理して講師(こうじ)に渡す人)、講師(歌を読みあげる人)によって左右の歌が交互に披講され、判定も和やかな左右の方人の合議によった(衆議判(しゅうぎばん))。勝負意識が強くなると、特定の判者(はんじゃ)(判定者)が必要となり、初めは遊宴を主催する人(天皇、権門など)またはその代理者が判定したが、論難が激しくなり判定の資に歌学説が用いられるようになると、判者、方人には専門歌人が選ばれるようになった。
 概していうと、960年(天徳4)の『内裏(だいり)歌合』に代表される時代は、内裏後宮を主とした女房中心の遊宴歌合であった。1003年(長保5)の『御堂(みどう)七番歌合』から『承暦(じょうりゃく)内裏歌合』(1078)に至る間は、管絃(かんげん)を伴う遊宴の形をとりながらも歌が純粋に争われ、歌合の内容も歌人本位となった。そののち平安末期までは、源経信(つねのぶ)・俊頼(としより)、藤原基俊(もととし)・顕季(あきすえ)・顕輔(あきすけ)・清輔(きよすけ)らの著名歌人が作者、判者となり、歌の優劣と論難の基準のみが争われ、遊宴の意味はまったくなくなり、同時に番数も増加し、二人判、追判などの新しい評論形式が生まれた。鎌倉期に入ると、御子左(みこひだり)(俊成(しゅんぜい)、定家(ていか))、六条(顕昭(けんしょう)、季経(すえつね))両家学に代表される歌学歌論の純粋な論壇として、また新古今時代にみられる新傾向の文芸の表舞台ともなった。一方、百首歌の盛行とともに百首歌を結番する「百首歌合」が生まれ、時日をかけ対者を選んで結番し、また複数判者による分担判という大規模な歌合が成立した。『六百番歌合』(俊成判)、『千五百番歌合』(俊成ら十人判)などがこれである。その後は歌壇がまったく御子左末流(二条)のひとり舞台となった。ときには藤原光俊(みつとし)らの反御子左派あるいは京極為兼(きょうごくためかね)らの反二条派の歌合に和歌、評論とも新鮮味があったが、歌合は、文芸的には鎌倉初期をピークとして、目だつことなく習慣的に文芸様式の一として江戸期まで続けられた。なお、この形態で、秀歌を選んで番える「撰歌合(せんかあわせ)」、特定の個人の歌を番える「自歌合(じかあわせ)」、和歌と漢詩を番える「詩歌合(しいかあわせ)」、流布した物語中の和歌を番える「物語合」などもある。[橋本不美男]
『岩津資雄著『歌合せの歌論史研究』(1963・早稲田大学出版部) ▽萩谷朴・谷山茂校注『日本古典文学大系74 歌合集』(1965・岩波書店) ▽萩谷朴著『平安朝歌合大成』全10巻(1979・同朋舎出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うた‐あわせ ‥あはせ【歌合】
〘名〙
① 歌の作者を左右に分け、その詠んだ歌を各一首ずつ組み合わせて、判者(はんじゃ)が批評、優劣を比較して勝負を判定した一種の文学的遊戯。平安初期以来宮廷や貴族の間で流行した。歌競べ。歌結び。
※古今(905‐914)春上・一二・詞書「寛平御時きさいの宮の歌合のうた」
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)二五「歌合 つい松とも云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌合の関連情報

他サービスで検索

「歌合」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.