Rakuten infoseek

辞書

次郎物語【じろうものがたり】

大辞林 第三版

じろうものがたり【次郎物語】
長編小説。下村湖人作。1941年(昭和16)~54年刊。主人公の幼児期から青年期にかけての成長を、理想主義的筆致で描く自伝的教養小説。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じろうものがたり〔ジラウものがたり〕【次郎物語】
下村湖人の自伝的長編小説。5部作。幼少期里子に出された少年次郎成長を描く。第1部は大日本青年団機関紙青年」に昭和11年(1936)より連載単行本は昭和16年(1941)刊行以後、第2部から第5部までが順次刊行された。第6部以降についても構想があったが、著者の死により未完に終わる。映像化作品も多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

次郎物語
じろうものがたり
下村湖人(しもむらこじん)の長編小説。全5部。作者の自伝的要素を含む作品で、1936年(昭和11)大日本連合青年団の機関誌『青年』に第1部を連載、41年に出版されると圧倒的好評をもって迎えられ、まもなく映画化されて反響をよんだため続編を執筆、第2部は42年、第3部は44年、第4部は49年、第5部は53~54年に書かれたが、作者の死により未完となった。次郎という一少年を主人公に、彼が里子に出されて、母性愛に飢え、反抗心を抱く話を第1部として、次郎の精神の成長がたどられている。本来は児童文学として書かれたものではないが、山本有三(ゆうぞう)の『路傍の石』とともに、少年向き教養小説の双璧(そうへき)とされている。[上笙一郎]
『『次郎物語』(旺文社文庫・角川文庫・春陽堂少年少女文庫・新潮文庫) ▽明石晴代著『「次郎物語」に賭けた父・下村湖人』(1970・読売新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じろうものがたり ジラウものがたり【次郎物語】
小説。下村湖人作。昭和一一~二九年(一九三六‐五四)成立。未完。兄と弟に対する祖母の偏愛の中で、極端にゆがんだ幼少年期を送った本田次郎の成長を五部に分けて描く。作者の自伝的小説で、特に少年時代の心理描写にすぐれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

次郎物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

次郎物語の関連情報

関連キーワード

清水宏近衛文麿内閣マキノ雅広[各個指定]工芸技術部門第二次世界大戦治安維持法レジスタンス文学スーパースタジオ日米交渉スタージェス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.