Rakuten infoseek

辞書

檀那・旦那【だんな】

大辞林 第三版

だんな【檀那・旦那】
〘仏〙
布施。与えること。
dānapati 檀那波底の略〕 檀越、即ち布施をする人を寺や僧の側からいう語。 《檀那》
家人・奉公人などが主人を敬っていう語。特に商家で使用人が主人を呼ぶ語。
妻が夫をいう語。現代では、主に他人に対して自分の夫をいう。また、他人の夫をいう語。 〔「だんな様」の形はきわめて敬意の高い言い方。「だんな」単独では敬意を伴わず、むしろぞんざいな言い方〕
女性と特別の関係をもち、生活の面倒をみている男。パトロン。 「 -持ち」
商人などがひいきにしてくれる男の客を呼ぶ語。また、俗に目上の男性を呼ぶ語。 「 -、もう一杯いかがですか」
「檀那流」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だんな【檀那・旦那】
〘名〙 (dāna の音訳)
① 仏。六波羅蜜の一つ。施し。布施。
※性霊集‐八(1079)為弟子僧真体設亡妹七々斉并奉入伝燈田願文「夫仏有五智。因業各異。所謂、阿哩也囉多曩納婆嚩多他掲哆。即是檀那之報徳也」 〔法苑珠林‐一一〕
② (dāna pati の音訳、「檀那波底」の略) 檀越(だんおつ)のこと。施主。檀家。
※大日本国法華経験記(1040‐44)下「欲供養時、雷電霹靂、雷破壊塔。各々分散摧折而去。檀那懐歎悲泣無限」 〔祖庭事苑‐五・懐禅師前録〕
③ 中世、社寺の参詣宿泊者をいう。先達、神官、僧が引導し、参拝の行路、宿泊施設などの案内をした。また、地方の武家その他の同名字の人々が大勢で一定の先達・御師(おし)を定めて代々参拝宿泊するようになると、この契約関係は一種の職権・財産となって売買譲与の対象となり、この職権をさしていうこともある。引檀那。道者。檀那職。
※米良文書‐弘安一〇年(1287)一〇月二九日・旦那譲状「ながくゆづりわたすたんなの事」
④ 家人(けにん)や使用人などが、その主人を敬っていう語。
※虎寛本狂言・鈍太郎(室町末‐近世初)「某は、長刀遣ひを檀那に持て居るに依て」
⑤ 商人などが自分の店の客を、また役者・芸人などが自分のひいき筋を敬っていう語。一般にへりくだって呼びかけるときにもいう。
※四座役者目録(1646‐53)上「京の太夫より、我れ、声増したるほどに、旦那多ふかろうと、云たる人也」
⑥ 妻が、自分の夫を敬っていう語。また、他家の主人を敬っていうのにも用いる。現代では敬意を伴わないで用いられる。
※浮世草子・好色一代男(1682)五「後の世を願ふ仏の道も、旦那(ダンナ)殿と一所の法花になり」
⑦ 妾や芸者などが、自分のせわをしてくれる男を敬っていう語。また、妾や芸者のせわをしている男の称。
※雑俳・歌羅衣(1834‐44)七「旦那来る・日と附込んで小間物屋」
⑧ 婢女などがその仕える奥女中を敬って用いる語。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)四「旦那はせいろうお次へははりかた」
※神宮文庫本発心集(1216頃か)五「みづのみと云ふ所にて檀那の僧都覚運と云ふ人に行合ひて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

檀那・旦那」の用語解説はコトバンクが提供しています。

檀那・旦那の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.