Rakuten infoseek

辞書

機能材料【きのうざいりょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

機能材料
きのうざいりょう
材料は有用な機能(はたらき)をもっているので、すべての材料は機能材料といえるが、通常、各種装置、製品の構造要素を支える力学的な機能をもつ構造材料を除外して、電気、磁気、光、熱などの物理量が関係する材料群を対象にしている。その背景には、科学、工業の発展にとって、とくに注目しなければならない材料であるとの意味が含まれている。したがって、構造材料であっても、高温、高圧、高速など特殊な条件下で使用する材料をも機能材料として含める場合も多く、その定義はかならずしも明確ではない。
 機能材料を用途別に示せば、半導体、超電導体、セラミック材料などの電気関連材料、磁性材料、発光ダイオード、光ファイバーなどの光関連材料、太陽電池、核燃料などエネルギー関連材料、超硬合金、形状記憶合金、セラミックスなどの機械関連材料、防振・楽器用などの音・振動関連材料、電池、触媒などの化学関連材料、歯科用、人工骨など医療関連材料などである。[本間基文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きのう‐ざいりょう〔‐ザイレウ〕【機能材料】
特定の有用な機能をもつ材料総称。さまざまな物理的・化学的性質をもつ材料や、複数の異なる素材を組み合わせた複合材料などを指す。工学医療など幅広い分野で用いられる。機能性材料

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機能材料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

機能材料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.