Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

機知【きち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

機知
きち
wit
人の意表をつくような,不意でかつ巧妙な新しい見方,ないしは考え方の転換をさす。多くの場合,他の人たちに驚きや笑いを生じさせる。 S.フロイトの精神分析では,これを悪意のないものと,他人に対して向けられた一種攻撃とに区別する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐ち【機知/機×智】
その場に応じて、とっさに適切な応対や発言ができるような鋭い才知。ウイットエスプリ。「―に富む会話

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きち【機知】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

き‐ち【機知】
〘名〙 その場その場の状況に応じて素早く働く才知。とっさに働く鋭い知恵。ウイット。
※星巖先生遺稿‐後編(1863‐65)紫微仙館集・題一百首「人皆用機智、其害甚太深」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「機智(キチ)頓才を磨かしむるも」
[補注]「機知」は「機智」の書き換え。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機知」の用語解説はコトバンクが提供しています。

機知の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.