Rakuten infoseek

辞書

機械・トラクター・ステーション【きかいとらくたーすてーしょん】

世界大百科事典 第2版

きかいとらくたーすてーしょん【機械・トラクター・ステーション】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

機械・トラクター・ステーション
きかいとらくたーすてーしょん
Машинно‐Тракторная Станция Mashinno-Traktornaya Stantsiya ロシア語
略称はエム・テー・エスМТС/MTS。ソ連の1930年以降の全面的農業集団化の時期に、集団農場に対しトラクター、コンバインなどでのサービスを提供し、総収穫の2割前後もの現物支払いを受けていた組織で、共産党員の少ない農村部での党の拠点でもあった。一時は7000余に達していたが、第二次世界大戦中にナチスによって約4割も破壊された。戦後ふたたび9000前後になったが、1958年フルシチョフ農政下で解体された。同一の土地に2人の主人はいらぬというほどコルホーズが成長していたからである。60万台のトラクター、32万台のコンバインおよび約100万人の機械手がコルホーズとソフホーズに分散移籍された。「コルホーズ自体のコムニズム化」をもねらったこの解体政策で農村の党組織は強化された。しかし、機械類の購入はコルホーズにとっては負担が大きく債務増大につながった。エム・テー・エスのあとは修理・技術ステーションРемонтно‐Техническая Станция/Remontno‐Tehnicheskaya Stantsiya(略称エル・テー・エスРТС/RTS)として残された。[中山弘正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機械・トラクター・ステーション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

機械・トラクター・ステーションの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.