Rakuten infoseek

辞書

機帆船【きはんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

機帆船
きはんせん
帆と焼玉機関を併用した 50~100総tの木造小型貨物。 1964年の政府の内航海運対策により,小型鋼船に取って代られつつあるが,なお多数存在しており,帆船汽船の中間の役割を果しながら,特に九州,四国,中国などの西日本に普及して,日本の特殊な内航海運の一翼を形成していた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きはん‐せん【機帆船】
発動機と帆を備えた小型の木造船。主に内海近海貨物輸送に用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きはんせん【機帆船】
昭和10~20年代に瀬戸内海,西日本一円の沿岸海運に活躍した木造貨物船。総トン数30~170トン,内燃機関で推進し順風には帆も併用した。この船型は,明治後半,在来の日本型帆船(和船)に代わって沿岸海運の主力となった西洋型縦帆船(スクーナー)またはその影響を強く受けた改良型和船(合の子船)の直接の子孫である。大正期に帆船の補助推進機関として導入された焼玉機関が発達し,それに伴い帆装が簡略になって機帆船が生まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きはんせん【機帆船】
発動機による推進装置を備えた帆船。一般に小型船で、大正後期から昭和前期にかけては沿岸の貨物輸送の主力を果たした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

機帆船
きはんせん
補助の推進機関として内燃機関を備えた小型の帆船。大きさは総トン数200トン前後までで、木造船が多く、1960年代までは沿岸航路の貨物輸送に活躍したが、現在ではほとんど使われなくなっている。機帆船は日本独特の船型で、帆装は小型のものでは1本マストのスループsloopから、大型のものでは2本マストのスクーナーschoonerがあった。機関として焼き玉機関を備えていたが、これは補助で、主体は帆走であり、船舶法では帆船として取り扱われていた。[森田知治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きはん‐せん【機帆船】
〘名〙 機械航走と帆走とを併用する船の総称。特に、日本では大正時代に出現した機関装備の近海用小型帆船をいう。明治中期以後、日本型帆船(弁才船)に代わって西洋型帆船(スクーナー、ブリガンチン等)または、間子船(あいのこぶね)が沿岸航路に主用されていたが、その発展型としてこれが使われ、戦前までは海上トラックとして石炭をはじめ近海の物資輸送に大きな活躍をした。
※潮騒(1954)〈三島由紀夫〉二「この若者の簡素な空想は、将来自分の機帆船を持って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機帆船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

機帆船の関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンダラ トーレスリスベス トリケット

他サービスで検索

「機帆船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.