Rakuten infoseek

辞書

橘皮【きっぴ】

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

きっぴ【橘皮】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ミカン科タチバナウンシュウミカンダイダイのほか、類似植物の熟した果皮を乾燥させたもの。血圧降下健胃鎮咳(ちんがい)去痰(きょたん)などの作用がある。高血圧動脈硬化に効く九味檳榔湯(くみびんろうとう)などに含まれる。橘皮を数年間寝かせたものを陳皮(ちんぴ)という。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きち‐ひ【橘皮】
〘名〙 (「きつひ(橘皮)」の変化したもの) 橘(たちばな)の皮。料理や漢方薬などに用いる。きがわ。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きつ‐ひ【橘皮】
〘名〙 (「きっぴ」とも) 橘の実の皮。漢方薬として用いられた。きがわ。〔撮壌集(1454)〕〔本草綱目‐果部・黄橘皮・釈名〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘皮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

橘皮の関連情報

他サービスで検索

「橘皮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.