Rakuten infoseek

辞書

【はし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


はし
bridge
工学上は橋梁 (きょうりょう) という。河川,湖沼,海峡,湾,運河,低地もしくは他の交通路や構造物の上を,道路,鉄道,水路などを通すために設けられる構造物。歴史的にみると,古代ローマの石造アーチ橋は有名であるが,日本でも4世紀頃から構造物としての橋が造られた。 19世紀中頃までは木造の橋が一般的であったが,その頃から鋼材による橋も姿を見せはじめた。現在では,鋼材・鉄筋コンクリートプレストレストコンクリート,合成桁などが使われ,その構造も,ガーダー,トラス,アーチ,ラーメン,吊橋など条件によって多様である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう〔ケウ〕【橋】
中枢神経の中脳延髄との間の部分。左右の小脳半球を結ぶ橋ともなっている。腹側を錐体路(すいたいろ)が通り、また第5~8脳神経の起始細胞群や神経伝導路が複雑に走る。脳橋。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょう【橋】[漢字項目]
[音]キョウ(ケウ)(漢) [訓]はし
学習漢字]3年
〈キョウ〉はし。「橋脚橋梁(きょうりょう)架橋艦橋陸橋
〈はし(ばし)〉「橋板橋桁(はしげた)石橋桟橋船橋太鼓橋
[名のり]たか

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし【橋】
道路・鉄道・水路などを、川や谷、また他の交通路の上などに通す際、その通路としてかける構築物。橋梁(きょうりょう)。
[補説]書名別項。→
[下接語]浮き橋大橋掛け橋鵲(かささぎ)の橋唐(から)橋反り橋八つ橋(ばし)石橋板橋一本橋仮橋・木橋・桁(けた)橋桟橋思案橋太鼓橋綱橋釣り橋土(ど)橋どんどん橋・縄橋・跳ね橋船(ふな)橋丸木橋眼鏡橋廊下橋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし【橋】[書名]
池谷信三郎短編小説。昭和2年(1927)発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょう【橋 pons】
橋脳あるいは脳橋ともいう。脳において,上方は中脳に,下方は延髄に続く部分で,イタリアのバロリCostanzo Varoli(1543?‐75)により〈橋〉と名づけられたので,〈バロリの橋〉ともいう。橋の上面には小脳があり,左右で3対の上,中,下の小脳脚により橋と結ばれている。このようにして上壁は小脳,側壁は小脳脚,下壁は橋で囲まれた空間が橋の上面にできる。この空間は第四脳室と呼ばれ,髄液(脳脊髄液)で満たされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はし【橋 bridge】
川,谷,湖沼,海峡あるいは他の交通路の上を横切って下の空間を閉じることなくつくられた,道路,鉄道,水路などの交通路あるいは輸送路を支持する構造物の総称。土木工学上の専門用語では橋梁(きようりよう)ともいう。交通路の下に空間を有し,橋と同じ目的をもつが,ひとまたぎする長さ(支間あるいはスパンという)がとくに小さく,土被り(どかぶり)(上部の土)などの荷重も支えるように設計された構造物はカルバートculvert(溝渠)と称する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょう【橋】
脳幹部のうち、上方は中脳、下方は延髄に続き、前方に丸く膨らんだ部分。多数の神経繊維が複雑に走り、三叉・外転・顔面・内耳の各脳神経の核がある。脳橋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし【橋】
通行のために、川や湖・谷・道路などの両側を結んでかけわたした構築物。
橋懸かり」に同じ。
殿舎と殿舎を結ぶ渡り廊下。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はし【橋】
〘名〙
① 主として水流や谷に、また他の交通路の上に架設して、通路などとするもの。橋梁。
※書紀(720)皇極二年二月(図書寮本訓)「大臣の橋(ハシ)を渡る時」
殿舎をつなぐ、①状の渡殿。橋廊。
※枕(10C終)一四二「はしの板を踏み鳴らして、声あはせて舞ふほどもいとをかしきに」
③ 宮中の清涼殿から紫宸殿に通ずる渡り廊下。長橋(ながはし)
※後二条師通記‐永保三年(1083)正月二日「雪降、拝間天晴、如常率馬、右大臣橋下拝一度」
④ 能の舞台と楽屋をつなぐ通路。初期の歌舞伎舞台にもあったが、後に名だけが残った。橋掛(がか)り。
※花鏡(1424)時節当感事「凡、橋がかりは、はしを三分一ほど行き残して、一声をば出すべし」
⑤ 両者の間に立ってなかだちをすること。仲介。→橋を渡す
⑥ 「はし(階)」のあて字。
※今昔(1120頃か)二七「橋の許に寄来て跪(ひざまづき)て居たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

橋の関連情報

他サービスで検索

「橋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.